« すみだ北斎美術館を支えるコレクター | トップページ | 江戸城内堀 »

2017年3月31日 (金)

江戸博の熈代勝覧展示

江戸東京博物館では来週いっぱい4/9まで「江戸と北京~18世紀の都市と暮らし」展を開催しています。同時代の江戸と北京を比べることで文化のつながりを示すものでしょう。   
中国史や北京に興味は全くないのですが、十数年ぶりに「熈代勝覧」が里帰りすると知って楽しみにしていました。
Edohaku_peking    
   
入り口すぐには両都市の城郭の比較があります。そのあと都市の生活・学問・服飾と分野別に文物が並べられています。出口の際には芸術分野が配されています。   
熈代勝覧は都市生活のパートにあります。中国のほうも「万寿慶典図(墨)」「万寿盛典図(色彩)」という工程の長寿を祝った行列を描くという性格が違いますが、通りの端から端まで描写する絵巻物が展示されています。
Manju 江戸博HPより    
初めて見る実・熈代勝覧はすみずみまで確かめるには何度も往復が必要でした。来場者も中国の絵巻よりこちらに集まっているような気がしました。   
   
ニフティの編成替えで加入ユーザーのウエブスペースが変更となってこのブログ左上の熈代勝覧リンクが切れたままになっていますが、これを機会に近く手を入れることにしましょう。

そして、展示会場を一歩離れた部屋で思わぬ映像上映をやっていました。それぞれ10分強の時間で江戸城と北京の城のCGを交代で見せていたのです。昔NHKでCG化した映像がありましたが、余分なドラマパートなどなく、「空から…ながめてみよう」チックで何度か視聴してしまいました。
あとで江戸博図書館で見られるようになるかもと質問してみましたが、こういう展示用の映像作品はその後ライブラリーとして公開はされないようだとのことなので、今回入場してよかった。

|

« すみだ北斎美術館を支えるコレクター | トップページ | 江戸城内堀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸博の熈代勝覧展示:

« すみだ北斎美術館を支えるコレクター | トップページ | 江戸城内堀 »