« 待乳山聖天の仏画・浮世絵入門 | トップページ | すみだ北斎美術館の「てくてく東海道」 »

2017年4月23日 (日)

スカイツリー~羽田空港

思い立って出かけてみました。空港限定のキットカットを買うのもいいかと考えたからです。あちこちで足を止めたので4時間近くもかかってしまいました。   
   
本所から深川へ抜けて月島に出ました。お台場のほうへ行って湾岸道路を自転車がとおれるかどうか不明だったのでオーソドックスに築地を通って、大通りを避けていたら浜離宮に出ました。時間も早く、平日なので観光バスが1台止まっているだけでした。桝形の櫓門の遺構となっている正門前まで自転車を乗り入れてぐるりと後戻り。外周(海岸通り)を南下しました。   
やはり江戸からの遺構と思われる石垣が、中の御門を過ぎたあたりで崩れていて工事中でした。石垣一つ一つに番号を振っています。崩れ落ちた石をちゃっちゃと移動して積み上げるわけにはいかないんでしょうね。
Ishigaki Ishigaki2    
   
竹芝、日の出と埠頭ぞいを進み、やがて天王洲。ここが以前から来たかった場所の一つです。京急・北品川駅で降りてもすぐのところですが、「お台場」です。地名は東品川になりますが、歩道橋や交番、そして小学校にその名前が残っています。
Daiba Daiba_old    
線路向うの御殿山を崩してペリー艦隊に備えた、品川台場のうち、陸続きの場所に造成した「御殿山下台場」の跡地はその形を地図上に残しています。そしてその大半が台場小学校の敷地になっていて、校門近くに出土した石垣がモニュメントとなりました。   
その跡地をぐるりと一回り。学校裏にも地図には見えない小道があり、完全に一周できるようです。
Daiba1 Daiba2 Daiba3 Daiba4    
近くの利田神社には江戸湾に迷い込んだクジラを記念する塚があります。   
Whalemonu
   
北品川・南品川の東海道も何度も通りましたが、いずれじっくり再訪するつもりです。しかし海岸通りは大井競馬場で突き当たりますので、立会川あたりから旧東海道をたどります。      
そしてもう一つのお目当て、鈴ヶ森刑場あとに着きました。この跡地は現在も大経寺の境内ですが、第一京浜(国道1号)に大きく敷地を削られてしまって、慰霊碑が並ぶだけに見えます。火あぶりや磔の形の台が位置を変えて遺されていて、刑場であったことを目に見せてくれます。   
ここでは丸橋忠也・天一坊・白井権八・八百屋お七が処刑されたと記されていました。
Suzugamori1 Suzugamori2 Suzugamori3    
   
Haneda_airport
すぐに産業道路にそれて羽田、そして空港に向かいました。自転車を置く場所はないと言われたので、折りたたんで輪行袋に収めて空港ロビー内を探しました。キットカットはすぐに見つかりましたが、観光客土産用の10枚セットばかりで、授業用にもコレクションとしても過剰です。   
教わってセブンイレブンでバラを手に入れましたが、「桜抹茶」「宇治抹茶」「和苺」はもしかしたら以前の期間限定品と同じかもしれません。セットであきらめた「北海道マスカルポーネメロン」はいずれチャンスがあるでしょう。

|

« 待乳山聖天の仏画・浮世絵入門 | トップページ | すみだ北斎美術館の「てくてく東海道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイツリー~羽田空港:

« 待乳山聖天の仏画・浮世絵入門 | トップページ | すみだ北斎美術館の「てくてく東海道」 »