« 江戸博の熈代勝覧展示 | トップページ | 夜桜 »

2017年4月 8日 (土)

江戸城内堀

金曜日なので東御苑は閉園でした。千鳥ヶ淵の桜を見に行くのは20年ぶり以上でしたので久しぶりに江戸城跡を通って行こうと目論んだのですが、折角なのでその外側、内堀沿いに歩こうと決めました。普段の時期なら自転車ですが、この花の時期は避けたほうがいい。   
   
大手町で地下鉄を折り出口から上がると目の前に将門塚・旧神田明神社。今年は神田祭の年なのでいずれ訪問しましょう。
Masakadotuka    
江戸城はもともと桜を植えて人を集めようという場所ではありませんから大手門あたりには桜の植栽はちらほらです。
Otegate    
そこを起点に反時計回りで千鳥ヶ淵に向かいます。気象庁前の角曲がると平川門が見えてきます。死人・罪人を外に出す不浄門であり、奥女中の出入りの門でもありました。この門への平川橋は、橋脚橋台は石、橋桁は鉄骨ではありますが、木製の橋で昔の姿を残しています。
Hirakawagate    
そして竹橋。ここもかつては竹橋門があったようで、碑文があります。桝形は失われています。
   
そのまま歩くと紀伊国坂を登って北桔橋門に通じます。金曜でなければここから江戸城跡から出るはずでした。歩道橋で反対側にわたって北の丸公園側に移動するのですが、階段を上がる途中で花崗岩で堀の石垣と色の違う天守台が望めました。
Kitahanebasigate    
   
話はずれますが、天守といえば、名古屋城の木造復元が決まったようです。昨夏の地震で壊れた熊本城を元に戻したいという地元の願いは分かる気がしましたが、名古屋城は?と疑問でした。   
でもきんさんぎんさんの娘さんたちが大賛成というTV映像を見て、そうか空襲で焼失する前の姿の記憶を持つ人がいるんだ、と気持ちが変わって納得できました。   
でも江戸城は明暦の大火の後であえて天守を復元しないという判断を幕府がした(「風雲児たち」の知識)のだからこのままでいいと思います。本丸とかならおもしろい。   
   
歩道橋のすぐ近くが北の丸公園の入り口ですが、そこから入らずに少し坂を下って戻り、近代美術館を過ぎたところで内堀沿いに機動隊方向に曲がります。植え込みなんかで、堀は見降ろせません。科学技術館裏に一度上がり、清水門に降りました。
Shimizugate    
桝形がきちんと現存し、同様に重文にもなっている桜田門・田安門と比べても人通りが少ないせいか時代を遡った感が強い。いちどこの門で外に出て武道館入口の田安門にも入りました。かつてはこの上から江戸湾も見えたそうです。
Tayasugate    
そしてここからが千鳥ヶ淵。満開の桜をくぐって半蔵門へと歩きました。
Chidorifuti

|

« 江戸博の熈代勝覧展示 | トップページ | 夜桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城内堀:

« 江戸博の熈代勝覧展示 | トップページ | 夜桜 »