« スカイツリー~羽田空港 | トップページ | 圓朝の旧居(跡)がありました »

2017年4月29日 (土)

すみだ北斎美術館の「てくてく東海道」

陽気に誘われて自転車で乗り出すと、5月を前にあちこちで祭りの予告を見ます。三社をはじめ、下谷神社の氏子の祭りのほか、浅草橋紅白マロニエ祭という地域振興のもの。   
人がたかっていると近づくと、実際に柳橋鯉のぼりまつり(7日まで)でいくつかのテントを出しているのに出会いました。隅田川テラスでは鯉のぼりを飾り、いろいろな催しを行っていました。子どもたちがレスキューの水難救助訓練にくぎ付けです。   
両国に戻ると国技館の通りで両国にぎわい祭をやっていて、いろいろなちゃんこをはじめとした料理屋がテントを張っています。ちゃんこストリートというらしい。行列はやなので、ひとつ道を曲がって「両国メンチ」というのを買い食いしました。   
   
ほくさい美術館で先日から始まった「てくてく東海道~北斎と旅する五十三次」もこの祭りのイベントのひとつになっています。   
このあいだ広重の東海道五十三次をテレビで特集して、永谷園も出している保永堂だけじゃなく行書版・隷書版と対比して解説していましたが、何も東海道は広重の専売ではなく、北斎もそれ以前から何度も画題としているのです。   
聞いたこともありませんでしたが、「春興五十三駄之内」「東海道五十三次絵尽」「東海道 彩色摺 五拾三次」「五十三次江都の往かい」と多種(7シリーズ中6種)の東海道シリーズ揃いを見ることができます。   
Someii 江戸の弁当の例でテレビ番組で使われたのも北斎の五十三次でした   

一セットが50枚・60枚で揃いですから、前期と後期で展示物ががらりと変わります。総入れ替えに近いくらい。いつもは博物館に行くのが会期の終わりごろになっちゃうのが通例ですが、今回はちゃんと両方見たほうがいいですね。   
   
Sugoroku 北斎の五十三次を集めて大すごろくが用意されてました

|

« スカイツリー~羽田空港 | トップページ | 圓朝の旧居(跡)がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみだ北斎美術館の「てくてく東海道」:

« スカイツリー~羽田空港 | トップページ | 圓朝の旧居(跡)がありました »