« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月27日 (火)

津の守弁天と策の池

荒木町に行く目的は池。江戸時代は高須藩・摂津の守の屋敷で、庭園の中に広い池がありました。将軍ゆかりで「策(むち)の池」と名付けられました。荒木町の窪地にあたり、かつては崖から滝になるくらい豊富な湧き水が注いでいました。明治には滝と池で行楽地となったくらいです。そしてそれが荒木町の歓楽街のもとになりました。そしてその池が縮小されつつも残り、弁天がほとりに祭られているのです。   
   
外苑東通りを通って近づきました。入口を探して1本東側には津の守坂と名ついた道もあります。
Arakimapカシミールによる凸凹表現 Arakislope Tsunokam     
現地はすり鉢状の地形をしています。降りる道は何本かありますが、自動車が通行可能なのは1本。自転車なら、かろうじてもう1本を登ることができるかというところです。行ってみてわかったのですが、池は家屋・道路に完全にふさがれていて水の出口がありません。今は小さいたまり水の池だからいいでしょうが、滝から入った水はどこへ消えていたのでしょう?   
    
去年、この策の池を浚ってきれいにする様子をTV放送しました。池の水は濁っていましたが、メタンの発生するような腐ったヘドロではありません。実は腐葉土で、番組ではその土から水分を抜いて、ビル屋上での農業に活用しようという意図でした。だから狭まったとはいえ生物の住める環境だったのです。池に酸素を供給するのは底から湧きだす地下水だといいます。   
ポンプで1時間ほど水を抜くと、その湧き口が確認できました。水の道は都市化によっても完全に断たれていなかったのです。そして生物も姿を現しました。鯉・オイカワ・モツゴ・ミシシッピアカミミガメ・ブラックバス、そして年経た巨大スッポンも見つかりました。   
腐葉土を掬ったあと、水と動物を戻しました。番組では特定外来種は除去するのがよいが、アカミミガメ・バスは1匹ずつで繁殖の恐れがないから戻したと説明しました。   
   
近頃、池の掻い掘りと外来生物除去の番組をたてつづけにやっていますが、実は鯉も琵琶湖の一部以外は古い時代にアジアから持ち込まれた外来種なのだそうです。とはいえ、ここまで日本人の生活に浸透してしまうと判断は難しいですね。   
   
さて、すり鉢底の池に着いてまず弁天に詣でました。これも摂津の守の屋敷神だったのでしょうか。
Tsunokami2 Muchipond    
半年以上たっていましたが、水は透き通っていました。上からなんでも見えます。小さいモツゴは陰に隠れる習性なのでわかりませんが、コイやオイカワは確認しました。そしていくつもの石の上に何匹ものアカミミガメが!番組の説明と違います。それとも放送後に放流しに来た人がいるのか…   
そして、悠々とパトロールするかのように池の中を泳ぎまわる巨大スッポン。在来種とはいえ、江戸の昔から生き残るはずもなく、1匹では繁殖ではないでしょう。誰かがどこかの段階で放したのだと思います。オイカワ・モツゴはもしかしたら先祖代々住み着いているやつかもしれない、と眺めながらぼんやり考えました。
Sppon    
   
-------------------------------------------------

その後、ネットで策の池は江戸時代に出口を締め切られたものだという情報を見ました。発掘調査で締めた土塁下に放水の遺構が見つかったそうです。ちかぢか図書館で資料に当たってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

半鐘の音

批判をしておきながら、ふと省みると自分も半鐘についてはきちんとした知識がないと思いなおしました。   
「おじゃん」は半鐘の音:鎮火のジャンジャンからというのです。(これは俗説で、江戸言葉から来ている説あり)    
その段はいいのですが、そのときコントのずっこけにつかわれる「チャンチャン」のメロディで口ずさんだので、それは鎮火と違うだろ!と大いに違和感を持ったのでした。さりとて根拠を持って音を説明する自信がありません。    
(鎮火=ジャンジャン説は一般に存在するようです。知らなかった)    
   
そこでネットで半鐘の音を探し始めました。このご時世、Youtubeとかで簡単に見つかると思ったのは間違いでした。半鐘の音の例はあっても一度鳴らすのを繰り返すのみで、そのいろいろな意味を納めた映像が見つかりません。    
Wikiには明治以降の消防信号としての半鐘の説明があります。それも○-の記号の表現でした。    
江戸の火消の半鐘については「江戸の火事と火消」(河出書房新社:1999)に詳しく、読んでみると教わること大でした。例えば鎮火後の後片付けも鳶のものが担当するのは当然ですが、そのとき、屋敷内のトイレやどぶに特に注意を払います。気づかずに煮えたぎる便槽に落ちて大やけどを負うこともある…考えもしなかったことでした。    
また、学研のWEB上に「落語で発見、お江戸の科学」ページで半鐘の意味の記号表現を見つけることができます。
Gakken_hansho 学研の「お江戸の科学」より      
   
消防のことなら、消防博物館です。音が保存してあるならここでしょう。四谷三丁目交差点の角にありますが、着いたら駐輪スペースに困りました。交差点の対角のほうに1台分空きがあったので助かりました。    
四谷消防署を兼ねたビルで受け付けの脇に古いヘリコプターが展示してあります。
Shobo_zenkei 消防記念会HPより      
   
ちなみに地元にも本所防災館がありますが、今日明日の防災の啓蒙の施設で、江戸については1ブースだけ、安政地震の模型展示があるくらいです。   
Honjo_bosai Bosai_ansei

消防博物館では階ごとに時代を分けて消防の歴史を展示しています。最上階は自販機がおいてある展望休憩室。
Shobo_view     
5F:江戸、4F:明治~昭和の近代、3F:現代、BF:ミュージアムショップと地下鉄直結入り口です。   
江戸ゾーンは破壊消防のジオラマ、火消装束や纏、道具が保存されていて、半鐘もちゃんとありました。しかし詳しい使われ方は表示がありませんでした。   
消火の様子の動画もありましたが、残念ながら半鐘の音が入っていません。
Shobo_hakai Shobo_hakai2 Shobo_dogu Shobo_matoi Shobo_hansho     
   
少し落胆して、帰りに受付で、何か情報はありませんかと尋ねたら、学芸員の方が降りて来てくれました。音の所在はわからないそうで、ビル内にある「江戸消防記念会」(各地で木遣りや梯子乗りなども行う)にも問い合わせてくれましたが、そちらでも資料はないとのことです。後日にメールでも見つからなかった旨連絡を頂戴しました。   
   
あまりにも日常で誰もが知っていることは、かえって失われてしまう典型かもしれません。   
調査は継続となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

白山富士

ブログ大先達の記事で白山神社ではアジサイ祭りの期間中に限って富士塚を開放すると気づきました。明日の日曜までです。またカラ梅雨なのか自転車を誘う空です。朝のうちに出向くことにしました。   
春日通りから本郷通りへ曲がって、ふと裏通りに入り込んでみました。本郷通りは台地の背をたどる道です。外れるといろいろな方向に谷筋を作って落ち込ます。   
    
つい先日折り畳み自転車の肝心なヒンジが壊れて自転車を買い換えました。変速機が6段に減りましたがここで影響が出るとは予想してません。坂を上がれないのです。前の18段では鉄砲坂も登りきれたのですが、文京区恐るべし、これからは押し上がるのが増えそうです。   
   
森川や西片といった耳慣れない町を抜けるうちに、幕末の砲術家・高島秋帆の墓所にたどり着きました。歴史を勉強してこなかった身には、「風雲児たち」で鳥居耀蔵に攻撃される高潔な人物として頭にあります。墓地の最奥の思いがけなく大きな墓石の下に眠ります。
Hourokujizo Shuhangrave     
そんな寄り道をしつつ、白山上交差点で少し下がって白山神社鳥居前に進むともう大勢の人が参拝に訪れています。人込みを避けて1本北の東洋大学正門前から公園に入ると、その目前が富士塚でした(神社の裏手)。   
    Hakusanshr Hakusanfuji Hakusanfuji2

朝から長い登山待ちの列ができていました。富士塚の斜面の紫陽花をレンズで狙うので列がなかなか進みません。   
といっても5分程度で山頂です。下山するともう行列は解消していました。そのあと本殿を参拝して帰宅しました。   
   
テレビをつけるとMXの「進め江戸小町」コーナーで白山紫陽花祭を取り上げていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

回向院の鳥居清長と山東京伝展

「二日間だけの鳥居清長と山東京伝」展が縁の回向院で開かれています。通りがかりに予告を見ていたので、楽しみにしていました。用を済ませたあと、あわてて観覧に行っていきました。   
Kiyokyoden0 Kiyokyoden1 Kiyokyoden2
   
回向院には山東京伝、京山の兄弟の墓があります。鳥居清長の墓石は失われたようですが、つい2か月ほど前に記念碑が建立されました。   
明暦の大火の無縁仏を弔うために建立されたのがこの寺の始まりですが、その際の供養塔は場所を変えずに墓地手前に建っています。のちにその近くに海難事故の慰霊碑が集まりました。その背後に有名な鼠小僧の墓があります。その墓の裏側に京伝一族の墓碑があります。
Ekoinkuyo 明暦大火供養塔と海難事故慰霊碑
Kyodengrave 京伝一族の墓   
清長記念碑はその墓碑・記念碑群近くに設置されました。
Kyonagamemorial    
   
展覧会は念仏堂で行われていて、カーテンとも暖簾ともつかない布をくぐって中に入ると、思ったより大勢が鑑賞していました。伝・北斎の達磨、二人の美人肉筆画の軸が迎えてくれます。壁面ごとにまとめて、浮世絵や扇面、死絵やらが掛けられています。世界で一枚の作品もあるそうです。京伝の黄表紙・洒落本がケースに並びます。
彼のデザイン集「手拭合」と何本もの手拭が飾られていますし、入り口の布は大きな暖簾で手ぬぐいのあの「目くじら」のデザインが施されていました。
   
無料なのにいいものを見せてもらえました。   
   
他からの借り物もありますが、大半が回向院が戦後に徐々に集めた作品だそうです。明日までとはもったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

図書館で天狗連の高座

年寄りの世話から解放された日。「てくてく東海道」の入れ替え展示を見たりして時間をつぶしてました。錦糸公園で「肉フェスティバル」で散在したり。   
   
図書館でパラパラ何冊かめくっていると、館内放送が入りました。どうやらイベントルームで落語会をやっているので、参加の案内のようです。
Tenguren       
行ってみると、某天狗連の落語披露会です。ちょうど前半が終わって中入り。いちばん前を進められました。    
落語に縁遠い人を対象のようで、落語の豆知識+一席を繰り返す構成です。しろうと落語はどんなものかと、きくことにしました。    
雑談のマクラにしてましたが、落語会を受け付け始めたらすぐに一杯になって締め切ったのに当日にフタをあけると空席が目立つという事情のようで、それで館内に放送を流したのでした。    
   
レベルはあまり高くありませんでした。クスグりもおやじギャグですが、優しい観客には受けていました。自分はすれっからしになってしまったんですね。    
「のざらし」をやった人は口跡が良くありませんでしたし、「火炎(!)太鼓」も誰に習ったんだろう、と思う構成でした。落ちを仕込むための半鐘の知識も足りないみたいだし。    
   
会場わきには図書館の催しらしく、関連書籍・CDがならべられていました。
Tenguref       
   
志ん生だって天狗連から始めたんだし、こういう人たちが増え、客が聞く機会が増えれば落語も安泰(?)です。    
コンビニに入ったら、「イケメン落語家」の本がおいてありました。ひもがかかっていて内容をうかがい知ることはできませんでしたが、すそ野が広がってるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

待乳山聖天の天狗坂開放

墨田区から桜橋を渡るとすぐあるのが待乳山聖天・本龍院で、何かの折に立ち寄ります。このあたりでは不思議にこんもりと盛り上がった小山の上にあり、本殿にまっすぐ続く階段が正門で、その脇にわずかに残る土塀が江戸時代からの遺物だと、以前に記事にしました。   
   
小山は向かって左手が切り落とされて公園に、裏が山谷堀跡、右手の都道沿いに駐車場の門があります。    
駐車場に入ると、左奥まったところに階段、その手前にモノレールが設置されていますが、正面にある階段が天狗坂です。    
Tengu1 Monorac

ここは以前は立ち入り禁止となっていましたが、先月から登れるようになったのです。登り口の柵には急坂の注意書きがありますが、後ろ側にはまだ「立ち入り禁止」の注意が貼ってあるし、登り切ったところの鉄柵が開かれていますが、やはり裏側には「通行禁止」が残っています。    
Tengu2
   
以前から立派な石段なのにどこか崩れているところでもあるのかと不思議でした。広重の浮世絵に見える階段はこの天狗坂だそうで、昔から使われていたルートが(往時のままではないですが)また歩けるようになったのはめでたい(?)。嬉しくって二度上り下りしちゃいました。
Tenguukiyoe
      
明治の古写真が残っていますが、この浮世絵のように小山の斜面には樹木も少なく、もちろん家屋も低層ですから、今よりずっと隅田川を見下ろして開けていたはずです。    
当時は参拝後に今戸橋のほうへ抜ける道だったのでしょう。今は駐車場への出入り口ですが、スカイツリーを真正面に山を下りていく現代の眺めが楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

たばこと塩の博物館の「江戸のいい女・いい男」

久しぶりにこの博物館で、江戸を絡めた特別展示会です。タイトル前段に「着物と装身具に見る」と付きますように、会場の壁面のスペースはすべて着物で囲まれています。中央の仕切りで、女性と男性に展示が分けられています。   
女性のほうは小袖・振袖・打掛や鉄漿(おはぐろ)道具・鏡台、簪などの髪飾り、結髪と並べられ、中央には化粧用品、そして筥迫(大容量の紙入れ)、鑑入れに女持ち煙草入れがおかれます。    
男性は、単衣・浴衣・羽織・陣羽織・鎧下着・刺子半纏、掛け守り、結髪と続いて中央には根付、紙入れ、いつもの煙草入れ、提げ物が平台に並んでいます。    
部屋のしきりには布地。インドなどの外国の更紗、和更紗、琉球、アイヌの布地とバリエーション豊富な展示となっています。    
和服でも表も派手で東海道中膝栗毛を表面に散らした浴衣や、広重五十三次の友禅染め抜きは見ても楽しいものです。煙草入れや紙入れの男女差も興味深いものでした。性差に焦点を当てた展示だからあらためて気づかされたのです。    
   
Iiotoko_onna
結髪模型・化粧用具はポーラ文化研究所の提供ですが、関連講座のひとつにポーラの研究員による「結髪実演」が催されました。たば塩寄席やほかの講座のチャンスを逸していたのですが、これには並んでみました。ところが普段の時間に行ったところすでに長い列ができていました。聞くと先頭は8:30には並んでおられたそうで、関心を持つ人が多いジャンルのようです。    
さいわい、午前・午後、二度開かれるので70名定員の後ろのほうの番号をもらいました。一杯になって立ち見券も出たようです。 なお、男性は15人ほどでした。
時間になるといつも同様、きっちり整理券順に部屋に招き入れられます。実演は研究所の方が説明、結髪師と助手がモデルの女性の髪を結います。ところがモデルさん、すでに町娘のくずし島田に結いあげてあります。髪結いには滑りをよくする油を二時間前にはしみこませる必要があるそうで、実演も大変です。   
元結を切っていったん島田を解いて、御殿女中の片外しに結い直しです。写真撮影禁止でしたが、島田のときと結髪中の要所で許可が出ました。鬢(びん)を外に大きく膨らませる時が最大のポイントだそうです。45分ほどかかって終わると会場内をウォーキングしてくれたので、そこでもシャッター音の嵐。スマホで撮影している人が何かメッセージを出してます。
K_simada Keppatsu Katahazusi Walking
ファッションに興味の低い自分も実演を見てよかったと満足しました。   
   
終了後、片づけている結髪さんに(未使用では悪いので)ゴミ箱の中の切り離された元結をもらいました。実物を見るのも触るのも初めてです。どの実演会でも欲しがる人がいるそうで、会場の人たちも寄ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »