« 待乳山聖天の天狗坂開放 | トップページ | 回向院の鳥居清長と山東京伝展 »

2017年6月 7日 (水)

図書館で天狗連の高座

年寄りの世話から解放された日。「てくてく東海道」の入れ替え展示を見たりして時間をつぶしてました。錦糸公園で「肉フェスティバル」で散在したり。   
   
図書館でパラパラ何冊かめくっていると、館内放送が入りました。どうやらイベントルームで落語会をやっているので、参加の案内のようです。
Tenguren       
行ってみると、某天狗連の落語披露会です。ちょうど前半が終わって中入り。いちばん前を進められました。    
落語に縁遠い人を対象のようで、落語の豆知識+一席を繰り返す構成です。しろうと落語はどんなものかと、きくことにしました。    
雑談のマクラにしてましたが、落語会を受け付け始めたらすぐに一杯になって締め切ったのに当日にフタをあけると空席が目立つという事情のようで、それで館内に放送を流したのでした。    
   
レベルはあまり高くありませんでした。クスグりもおやじギャグですが、優しい観客には受けていました。自分はすれっからしになってしまったんですね。    
「のざらし」をやった人は口跡が良くありませんでしたし、「火炎(!)太鼓」も誰に習ったんだろう、と思う構成でした。落ちを仕込むための半鐘の知識も足りないみたいだし。    
   
会場わきには図書館の催しらしく、関連書籍・CDがならべられていました。
Tenguref       
   
志ん生だって天狗連から始めたんだし、こういう人たちが増え、客が聞く機会が増えれば落語も安泰(?)です。    
コンビニに入ったら、「イケメン落語家」の本がおいてありました。ひもがかかっていて内容をうかがい知ることはできませんでしたが、すそ野が広がってるんですね。

|

« 待乳山聖天の天狗坂開放 | トップページ | 回向院の鳥居清長と山東京伝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で天狗連の高座:

« 待乳山聖天の天狗坂開放 | トップページ | 回向院の鳥居清長と山東京伝展 »