« 回向院の鳥居清長と山東京伝展 | トップページ | 半鐘の音 »

2017年6月17日 (土)

白山富士

ブログ大先達の記事で白山神社ではアジサイ祭りの期間中に限って富士塚を開放すると気づきました。明日の日曜までです。またカラ梅雨なのか自転車を誘う空です。朝のうちに出向くことにしました。   
春日通りから本郷通りへ曲がって、ふと裏通りに入り込んでみました。本郷通りは台地の背をたどる道です。外れるといろいろな方向に谷筋を作って落ち込ます。   
    
つい先日折り畳み自転車の肝心なヒンジが壊れて自転車を買い換えました。変速機が6段に減りましたがここで影響が出るとは予想してません。坂を上がれないのです。前の18段では鉄砲坂も登りきれたのですが、文京区恐るべし、これからは押し上がるのが増えそうです。   
   
森川や西片といった耳慣れない町を抜けるうちに、幕末の砲術家・高島秋帆の墓所にたどり着きました。歴史を勉強してこなかった身には、「風雲児たち」で鳥居耀蔵に攻撃される高潔な人物として頭にあります。墓地の最奥の思いがけなく大きな墓石の下に眠ります。
Hourokujizo Shuhangrave     
そんな寄り道をしつつ、白山上交差点で少し下がって白山神社鳥居前に進むともう大勢の人が参拝に訪れています。人込みを避けて1本北の東洋大学正門前から公園に入ると、その目前が富士塚でした(神社の裏手)。   
    Hakusanshr Hakusanfuji Hakusanfuji2

朝から長い登山待ちの列ができていました。富士塚の斜面の紫陽花をレンズで狙うので列がなかなか進みません。   
といっても5分程度で山頂です。下山するともう行列は解消していました。そのあと本殿を参拝して帰宅しました。   
   
テレビをつけるとMXの「進め江戸小町」コーナーで白山紫陽花祭を取り上げていました。

|

« 回向院の鳥居清長と山東京伝展 | トップページ | 半鐘の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白山富士:

« 回向院の鳥居清長と山東京伝展 | トップページ | 半鐘の音 »