« 朝顔市で変化朝顔を求めて | トップページ | 「落語ディーパー」をみました »

2017年7月26日 (水)

変化朝顔

入谷の朝顔市でもらったチラシに誘われて、変化朝顔の展示会に行きました。場所は小石川の善光寺。ようやく「アサガオを見るには朝」ということを学習したので、7時過ぎには出発しました。花を見て帰るくらいなら家の年寄りも耐えられます。   
春日通りをすすんで、こんにゃく閻魔の千川通りの一つ先の裏通りに入ります。そのまま源覚寺の裏手を過ぎて、突き当たると左に坂を上ります。その善光寺坂の途中にいい感じの山門が現れます。数メートル離れて二つの門があるのは何かいわれがあるのでしょうか。本堂も明治期のもので、震災・戦災を生き延びたもののようです。   
もともとは坂の上の伝通院の塔頭だったものが、明治に長野の善光寺の分院となったという歴史があります。
Bnkmg Bnkmg0
   
境内に入るとすぐに変化朝顔の鉢が並んだテントがあります。山門脇や来るまでの通りのあちこちに幟がたっていて、文京朝顔ほおずき市という催事の一環なのだそうです。いつも規模の大きい台東区のものばかりに目が向いて、こちらのものは知りませんでした。   
   
変化朝顔はつぼみもありましたが、しっかり花を開き、まだ萎んだものはありません。「変化朝顔保存会」が鉢を持ち寄っていて、少し話を伺いました。江戸の昔から変化朝顔は交配の妙で生まれる、主に花弁の形が変わった品種です。品種の固定というのは大変で、なかなか固定しません。よい形がそのまま次の種に引き継がれるとは限らないのは、メンデルの法則で習った通りです。   
変化朝顔は何度かブームがあったわけですが、ブームが去った後も辛抱強く品種をつないできた人たちがいるから、こうやって現在も見ることができるのです。そういう人の営みに惹かれるものを感じます。   
この会の種が九州大学経由で歴史民俗博物館に伝わったとの由。
Bnkmg1 Bnkmg2 Bnkmg3 Bnkmg4    
   
会場も小さいのですが、鉢植えの数が物足りません。その点については8月末に日比谷公園で開く展示会がメインと教えてもらいました。そういえばアサガオは本場が出た後に家に持ち帰り、夏休みの間に観察日記をつけるものでした。朝顔市の鉢の多さにそんなことも忘れてしまっていました。その本番の展示会もぜひ見に行こうと思いました。
この日はすぐ後に「変化朝顔はいつ変化したか」という講演も予定されていて、後ろ髪をひかれる思いで会場を出ました。
   
日程です   
7月22・23日 小石川善光寺(今回)   
7月27-31日 横浜三溪園   
7月28-8月3日 日比谷公園   
8月11-20日 横浜こども植物園   
8月25-27日 日比谷公園   
   
うち、いくつかは「大輪朝顔展示会」と共催です。今回も牛天神で大輪朝顔展   
   
そのあと坂を上がり切って伝通院で朝顔市を見学。源覚寺ではほおずき市を開くなど周辺の社寺・施設で大道芸などのイベントが行われましたが、そこまでで時間切れ。帰宅しました。
Bnkmg5 Bnkmg6    
スタンプラリーもあったり、文生の寄席(50名限定)も開かれたりと、時間をちゃんととってめぐりたい催しでした。

|

« 朝顔市で変化朝顔を求めて | トップページ | 「落語ディーパー」をみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変化朝顔:

« 朝顔市で変化朝顔を求めて | トップページ | 「落語ディーパー」をみました »