« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月26日 (火)

Microsoftアカウントにトラブル

このPCというカテゴリを作ったことを何度も反省していました。PCのトレンドの最先端なんていったこともない末端ユーザーですから。

ところがにわかに最先端に巻き込まれたらしいです。二か所で生活していることもあって、現役PCは4台あるのですが、そのひとつ、タブレットPCが不安定になってリカバリしました。
これが5年前のwindows8マシンで、8.1にバージョンアップしているもので、リカバリとメーカーデバイスドライバの更新、windowsupdateの更新でまる一晩かかります。ところが8の状態でも8.1の状態でもmicrosoftアカウントにログオンできません。やむをえずローカルアカウントで作業したのですが、いつのなってもmsアカウントには切り替えることができません。
(Web上ではアカウントにアクセスできるしwindows10マシンもそれと同期できてます)

Micorosoftサービスに接続できませんでした。問題が引き続き発生する場合は、スタート画面で「ネットワークの問題」を検索してください。

上のメッセージでジ・エンドです。リカバリしたばかりだし、ネットの問題はないし、実際にブラウザはネットにつながってるし、ドライバ・windowsupdateはダウンロードできてます。8.1も。
リカバリをつごう3度やりました。寝不足でフラフラです。メーカーに質問フォームを送って、数日後答えが返り、どうやらmsアカウントのサーバに障害が出ているようだと教わりました。そのときはすでに遅し、あるリカバリで起動できなくなったことでPCの故障と思い込んで、判断力の衰えから新しいPCをポチってしまってました。

マイクロソフトは昔から無料ユーザーサポート窓口がありません。ユーザーが数億人レベルですからね。今回、チャットできそうなところにアクセスしたら、案の定違う窓口でした。でも親切にmsアカウントのサーバでトラブルがあって調査中とまでは教えてくれました。本来はこの情報を得るにも年間1万5千円のサポート契約がないと聞けないらしい。
教えてもらって相互サポートのフォーラムを覗くと2週間前くらいからWindows8.1でOSインストール時やローカルから切り替えるときにmsアカウントに接続できない問題は起こっているようです。

とんだトレンドな問題に引きずり込まれたものです。

だったら!各メーカーサイトにも情報を流したり、msアカウントはメールアドレスを登録しているのだからメールで知らせてくれれば!次のタブレットは買わないで復旧を待っていたのに! (目途は立ってないみたいです)

これじゃあGoogleやAppleに敵わないぞMicrosoft!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

江戸のペット:金魚

「近いとかえって行かない」法則で、まだスカイツリー展望台に上ったことがありません。いつでも行けると思うし、もっといい天気条件の日もあるとも思ってしまいます。すみだ水族館も完成前から情報を追いかけていましたが、一段高くエスカレーターで上がる入口にも行きませんでした。

それが、本来は8月で終わるはずだった「お江戸の金魚夏まつり」が9月24日まで延長になると知って、入場のきっかけにしました。入場料は2100円で、2回分の年間パスポートもあります。一度入場してから、館内の受付で入場券をパスポートに切り替えることもできるのが珍しいです。一通り見て、もいちど来たいなと思ったら次回の料金を先払いすることで1年間何度も入場できますから、良心的といってもいいでしょう。

入ってすぐ、今人気のクラゲの水槽が並びます。生育のラボがオープンになっていて、成長過程を見ることもできます。案内マップにはないのですが、北斎のコーナーが「すみだ」らしい。北斎が画題とした、ウナギやザリガニの水槽と浮世絵(部分)が並べられています。

目玉は東京湾大水槽とペンギンの展示です。そして評判のチンアナゴのいるサンゴ礁。

江戸リウムと呼んで、江戸時代に流行した金魚の展示はいつもあるのですが、この期間はそれが拡大されています。フナの突然変異を固定していったのが金魚飼育の歴史ですが、「金魚は上から眺めるものだった」というのは、言われなければ気づかなかったことです。出目金もランチュウも上から見るようにできていますね。浅草あめしんの金魚飴細工も花を添えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

牛が通りを歩く

牛島神社の氏子は、向島・本所の大部分を占め、墨田区一の広さです(たぶん)。金曜から日曜まででしたが、そのずいぶん前から辺りのどこを走っても祭礼の幟が立っていました。今年は5年に一度の本祭り。あいにく台風余波の雨のため、見物に行きませんでしたが、神輿の連合渡御もありましたから、見事だったことでしょう。地元の人間でなくても、町内をもんでいる神輿がいくつもそろってお宮に向かう(出る)のは壮観でわくわくします。

山車は東京ではすっかりすたれてしまいました。神田祭の説明に、山車から神輿への転換は電線のせいというのは俗説で、町内での盛り上がりが変化したとありました。見物人にとっては山車の行列、それも他所と変わったもののほうが面白い。

今回の本祭りでは、金曜と土曜、コースを変えて神幸祭が執り行われました。神官、人力車に乗った総代で始まる行列に、手古舞や稚児が続きます。牛島というのは地名から来ていて、平安時代の国営牧場がこの地にあったといいます。祭礼の行列の中心は2頭の牛が引く牛車です。見事な黒毛の牛で、行列の進み具合も牛の都合で決まります。
発表されているコースを先回りするように移動して見物しましたが、「牛の都合」で行列が停滞することがありました。なんだと思ったら、道路におがくずがまかれて掃き清められていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

足立区郷土博物館の浮世絵展

秋晴れの気候の良い日が続きました。西新井で「ダンケルク」を見るのに遠回りして、足立区郷土博物館に寄ってからと遠回りすることにしました。北綾瀬の駅からも距離があるので、自転車を使うのがふさわしい。

墨田区から行くと、四ツ木橋を渡って水戸街道を進みます。環七は交通量が半端ないので、手前の曳舟川親水公園の通りへと左折します。
曳舟という駅は墨田区にありますが、由来となった曳舟川は早くから暗渠となって通りに名前を残していますが、川の面影はありません。葛飾区では中央に緑地のある通りとなって、その緑地をしばらく進むと人工の水の流れがしつらえられています。葛飾区郷土と天文の博物館もこの道沿いです。いつか流れをたどることを目的にしてゆっくりたどることにしましょう。

通りは亀有を超えて足立区との区界になり、、都心に戻ってくる環七と交差し、しばらく北上すると目あての足立区郷土博物館に着きます。

葛西用水が通っているくらいですから、もともと田んぼだったわけで、土地改良組合の記念碑が入口にあります。

200円の入場料を払ってふりかえると、子供ホールです。壁面に棚や引き出しがしつらえてあって、自由に資料を見られるし、触れる展示物もあります。棚(にきやかラック)にはいくつか地口行灯がありました。昔はどこかの稲荷神社で飾ったのでしょうか。
第1展示室に入るとそこは歴史。江戸時代の農村風景ジオラマや千住のやっちゃばの店先が再現されています。季節で置き換えているかもしれませんが、今はカボチャ、キュウリ、ナスが並んでいます。キュウリはかつて漬物用として栽培の主流だった「半白」でした。
常設展示2階に第2展示室。産業や生活の移り変わりを展示しています。最後は都営住宅の実物大復元です。「手書き麻雀牌」の工房があるんだと感心しました。

反対側のギャラリーが今回目的の「美人画名品展」です。松方家由来のコレクションが元のようで、黎明期の鈴木晴信から、歌麿、歌川派、明治の揚州周延まで網羅してあります。展示品のほとんどを博物館HPで見ることができるのは自館所蔵品だからで、会場もこれまで見た浮世絵展より明るいようです。1300点の収蔵浮世絵のうち多様な美人画を楽しめました。
日頃アンテナを張っているつもりでしたが、気づいたのが展示の終了週で、ぎりぎりでした。この展示会は連休18日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

寺島ナス

江戸野菜に脚光が当てられている気配です。ご近所の地場野菜「寺島ナス」のことは、数年前まで知りませんでした。近年になって復活するまで日が当てられることがなかったからです。自分には玉ノ井といったほうが身近に思う、東向島の駅周辺のプランターに植えられて、今盛りを迎えています。これまでは写真でも記録しようと思い立つとすでに終わっていたり、タイミングが合いませんでしたから、今年はしっかり確保しました。ふだん使っているナスと比べると小ぶりな気がします。
Terajima_nasu Terajimanasu2 Terajimanasu3     
   
ちょうど、世話している人が収穫しているところに出会いました。話を聞くと「生」でかじると青りんごの風味がするそうです。
Terajimanasu4     
実を見たら、口にしてみたいものです。近くの八百屋で売っていることもありますし、駅前のせんべい屋では和菓子にしています。ここは変化球でなく、素直に味わいたい。駅から墨堤通りに向かう途中にあるそば屋で「寺島せいろ」としてメニューに載っています    
茄子の天ぷらメインのそばで、味の違いなんかが分かる能力はありませんが、おいしくいただけました。
Terajimanasu5 Terajimanasu6     
   
後日、NHKで三鷹のほうで作っている農家もあると知って驚きました(再放送)。地元以外ても江戸野菜に目を付けている人はいるんですね。
Terajimanasu_mitaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »