« パフォーマー北斎 | トップページ | エリアフリーとタイムフリー »

2017年10月12日 (木)

マイクロソフトアカウント復活

公式には何も情報がでないまま、ようやくWindows8.1のアカウント問題は収束したようです。コミュニティに悲鳴のような訴えが寄せられていましたが、サポートからは「自体は把握しているので待つように」と示すのみでした。数日前にWindows10への無償アップデートのリンクがユーザーによって張られましたが、自分のタブレットは最初のマシンチェックでは10可で、インストールを始めましたが、途中で不適合アプリがあるといってキャンセルを選ばなくてはなりません。
それがようやく「ローカルアカウントからの変更ができるようになった」というユーザーの報告が上がって、試したらできました。ようやくストアにアクセスして以前に購入したアプリのインストールを果たしました。

趣味で使うことのほうが多いくせに、マシンの故障を強く疑って次のタブレットを購入ずみですから、痛みは大きかったです。PC4台体制で使い分けてますが、タブレット2台はもてあますでしょう。

つい先日、Adobeがフラッシュの終息をアナウンスして、たぶんネット上から消えていくんでしょうけど、セキュリティが理由としてもWindowsが敗北したように感じます。メディアプレーヤーがmp4をデフォルトにしてwmaを捨てるような方向だし、だいたいWindowsアプリが増えない。他OSのほうが楽しそうなアプリが紹介されています。このNiftyもずいぶん前にWindows用ニュースアプリを廃止したし、もうすぐNavitimeも運用を終了します。

新タブレットを買うに当たって、ヨドバシに見にいったらWidowsタブレットはSurface以外ほとんどありませんでした。マイクロソフトが頑張っているとも心配ともとれます。
事態収拾にこれだけかかったのは何を意味しているんでしょう。

|

« パフォーマー北斎 | トップページ | エリアフリーとタイムフリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフトアカウント復活:

« パフォーマー北斎 | トップページ | エリアフリーとタイムフリー »