« 江戸始図でわかった江戸城の真実(宝島社新書) | トップページ | 和モダンの世界・近代の輸出工芸(たばこと塩の博物館) »

2017年11月24日 (金)

進め!江戸小町

このところ楽しんでいる歴史番組が、MXの「週末ハッピーライフ」の中の1コーナーです。というよりこれのおかげでMXを見るようになりました。歴史番組は民放BSでいくつもありますが、俳優が出てきて「歴史の謎を解明する!」と大見得を切ったところで、MCとして言わされているだけなのは見え見えで白けてしまいます。だいたい、専門家が説明していることに興味があるのかどうか。それに歴史って毎週新しい発見があるわけがないですから、いきおい誇張した内容になったり、フィクションを取り込んだりして、興ざめすることもあります。   
ところが「進め!江戸小町」では江戸の話題に特化するというのも自分の興味に合いますし、地方出身の「美人」モデルが江戸について何も知らなかった(とはいえ勝海舟好きなどの素養はある:しかし生誕の地に行って驚いてはしゃぐ)状態から、いろいろ教わって心底感心したり、ときにはとんちんかんなリアクションをみせるのも、成長がリアルタイムでわかるようでおもしろい。モデルさんの仕事の都合で元ラグビー選手がロケすることもありますが、ちょうど同じレベルです。絵づらは悪くなりますが。   
内容も、江戸のことばかり取り上げるのがちょうどよいのですが、細かい情報を盛り込みやすいし、既知のことがらでもその反応を見ていると自分が教えているような気分になれます。それに地元ならではの新情報提供もあります。勝海舟の公園がずいぶん整備されていたり、「幾代餅」を売り出す店ができていたり。これもいずれ出かけていきましょう。 
    Softdma_20171124_022315059 Softdma_20171124_022431060

ところでこれには前番組があり、このコーナーも「勝手に江戸小町」という名で、同じような内容を引き継いでいるようです。約1年、40数回にわたるもので、気づかなかったことが惜しい。こちらの番組でもう一度取り上げることはないでしょうから、再放送をお願いしたいところです。

|

« 江戸始図でわかった江戸城の真実(宝島社新書) | トップページ | 和モダンの世界・近代の輸出工芸(たばこと塩の博物館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進め!江戸小町:

« 江戸始図でわかった江戸城の真実(宝島社新書) | トップページ | 和モダンの世界・近代の輸出工芸(たばこと塩の博物館) »