« 関ヶ原は合戦の主戦場じゃない? | トップページ | さまざまな初午 »

2018年1月23日 (火)

向島の雪

東京の雪は黒潮大蛇行の影響による、ということが確実らしくなってきています。4年ぶりの大雪ですが、4年前はまだ東京で暮らしていませんでした。うちの年寄りはわずか3年でひどく悪化したということでもあります。だから翌冬にはスコップもスノーシューズも用意してあったのが今年役に立ちます。

かつて江戸の雪見の名所であった向島。酔狂にも雪降る中隅田川の土手に向かいました。雪の中では自転車は使いません。札幌で友達の新聞配達の手伝いをしてその怖さは身に染みています。バス停で待っていると、バスが数メーター行き過ぎてあせりました。桜橋のたもとで降りて、土手に上がりました。
IMG_1755 IMG_1756
寒冷期(小氷期だったとも)だった江戸時代、いまよりもっと対岸が雪に煙る景色が見られたのでしょう。墨堤通りを桜餅の店のほうへと歩きます。言問い団子の向かいの冬桜も雪をかぶっていました。
IMG_1757
長命寺は入口に幼稚園があり、お迎えの姿はちらほらありましたが、その奥の境内はすっかり静まり返っていました。「いざ行む雪見にころぶ所まで」の句碑も今日は、ふさわしく雪に囲まれていました。隣には長命寺の名前の由来となった伝説の井戸があり、江戸の人々はそういうものを見に来たのでしょうか。
IMG_1759IMG_1761IMG_1764

IMG_1767IMG_1770
そのまま降りたバス停に戻ります。昭和初期からの料亭も、幕末から続く足袋屋も、等しく雪の中。遅れてきたバスに乗ってスカイツリー経由で戻りました。
雪も夜半には止み、朝から晴れる予報です。まばゆい雪景色になることでしょう。

|

« 関ヶ原は合戦の主戦場じゃない? | トップページ | さまざまな初午 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向島の雪:

« 関ヶ原は合戦の主戦場じゃない? | トップページ | さまざまな初午 »