« 北斎美術館でお正月 2018 | トップページ | ドラマ「風雲児たち」 »

2018年1月 3日 (水)

深川七福神めぐり

恒例にしている七福神、今年は深川七福神にしようと予定していました。江戸時代に始まった七福神巡りは下谷七福神・隅田川七福神が明治以前の歴史があるようですが、後年まとまったものだとしても1日のうちに歩いて巡れるのが基本なので、車イスが必要なうちの年寄りを連れてもそう困難なものではないのがありがたい。特に東京はあちこちにあるので、バリエーションが豊かです。

そうしたところ、暮れの凄惨な事件です。縁起が悪いと家族は言いましたが、凶事を神主側が引き受けてくれたと考えて出かけることにしました。地下鉄東西線のエレベーターのある出口から深川不動の参道がすぐにあります。深川不動は江戸時代は成田不動がたびたび開帳したところで、会場となった寺院は廃されています。参道の入り口からずうっと参拝の列が続いていました。車イスがあると行列をすり抜けて店舗を眺めるのも無理でした。境内を通るのはあきらめ、参道を外れて裏側を回ることにしました。高速道路の下がう回路になります。
八幡は、思ったよりも人がいませんでした。参道はスカスカで本殿まで見通せます。屋台も客がおらず暇そうです。報道によって数字は違いますが1/3とも1/10の参拝客数ともいいます。本殿前のテントでは神職や巫女さんが手持無沙汰です。
IMG_1736
目的の七福神・大国は脇の社に祭られていて、数人が詣でていました。色紙を買い、執印を押してもらいます。それとは別に無料の案内地図に押すゴムスタンプも置いてあります。どの七福神でも他に集めるアイテムが頒布されています。隅田川七福神で素焼きの宝船とそれにのる七福神人形を集めることができますし、ここ深川では 笹に七福神像を飾る「鈴懸七福神」を一つずつ受領できます。

昼食をはさんで、弁天・毘沙門・寿老人と進みます。深川は寺町なので目的の寺以外にもたくさん軒を並べています。ついでと言っては失礼ですが閻魔堂のあるにもお参りしました。ここは本堂に上がると中の平面いっぱいに地獄極楽図で埋められているそうです。
IMG_1739
また、川越の時の鐘ゆかりの寺とか、白川藩主・松平定信の菩提寺もあります。深川七福神の寺社もリーフレットに間宮林蔵・中村歌右衛門・矢部定謙・後藤三右衛門などと歴史上の人物が満載です。指示副腎めぐりは、深川が戦災で灰燼に帰し、昭和40年代に復活したそうです。
IMG_1742IMG_1745IMG_1747
ゴールは深川神明社。この土地を開拓した深川八郎ゆかりの社で地名のもととなったところです。昼食をはさみおよそ3時間ですからよい散歩コースでした。また来年は次の七福神を選ぶことになります。

image

|

« 北斎美術館でお正月 2018 | トップページ | ドラマ「風雲児たち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深川七福神めぐり:

« 北斎美術館でお正月 2018 | トップページ | ドラマ「風雲児たち」 »