« 圓生のお墓にお参りしました | トップページ | 二の午の初午祭り 合力稲荷に地口行灯 »

2018年2月12日 (月)

江戸東京野菜の味わい

三河島菜。メニューとして扱う店があると知りました。その名を聞いてからイベントか何かで口にするチャンスがないかと思っていましたが、思いがけずテレビ番組で紹介され、目と鼻の先の押上だということなので早速行ってみました。野菜には期限がありますからぐずぐずしていたら食べ損なうかもしれません。

三河島菜とはもともと三河で栽培されていたものが、江戸幕府開闢に伴い三河から持ち込まれたものだそうです。荒川の氾濫原で肥沃で農地に適した荒川区一体で栽培されていましたが、いつしか忘れ去られていたものが仙台近郊で発見されて、再び東京に戻ってきたといいます。
それにしても地場野菜が廃れるというのはどういうことでしょうか。もし人気があって必要があれば都市化で耕作地がなくなったとしても他の土地に移植されるはずです。
まくわ瓜はスイカにとって代わられました。糖度を求める志向にそったものでしょう。「昔の味のトマト」とかのいいまわしを見かけることがありますが、本当にそれが良いのなら、現在の濃厚なトマトにはならなかったと思うのです。自分のように味の繊細な違いなどわからないバカ舌の持ち主であればなおさらです。

さて、紹介された店、「押上よしかつ」は柳島妙見様、法性寺の裏手、十間橋のたもと近くにあります。三河島菜に限らず江戸伝統野菜を調理法を研究して提供する店です。店頭からその意気込みが伝わってきます。
暖簾をくぐると江戸野菜を前面に押し出すディスプレイ。単品でも頼めますが、初心者にわかりやすい、いろいろ揃えたコースがリーズナブルです。少量生産の材料を使っている割に高くありません。注文を取りに来た店主に、三河島菜の希望を伝えたところコースの中の小鍋、本来は出始めの亀戸大根であるものを取り換えてくれるといいます。ちなみに今年の亀戸大根は近郊の作が悪く、香取神社の祭りで配布があるかどうかわからない状態だそうです。
突き出しがわりに煎餅や豆板などがでました。漬物は「千歳白菜」「品川カブ」 「練馬大根のたくあん」です。
WIN_20180131_211344
「町田の出し巻玉子」「東京シャモのそぼろ」「しんとり菜」
WIN_20180131_211736

刺身盛り合わせには「新島のシマアジ」「船橋のコハダ」「小柴のアナゴ」「トリ貝」、ワサビ菜などのあしらいは足立のものでした。
WIN_20180131_214004
三河島菜の鍋にはシイタケとホンビノス貝。この貝はもともと船底に付着してやってきた外国のハマグリ類ですが、日本のハマグリと共存し、また形も本国のものと変化している(日本の環境に合わせて?)そうです。
WIN_20180131_215028
みんな美味しくいただきましたが、「味の差は」と説明できる能力がありません。若いころはコーヒーを飲んで豆を当てられた時期があったのに。また時期を変えて別の野菜を味わいに行ってみましょう。

近いからいつでも、という相変わらずの思考が働いて未入店の亀戸大根の店にも行かなきゃなあ。

|

« 圓生のお墓にお参りしました | トップページ | 二の午の初午祭り 合力稲荷に地口行灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京野菜の味わい:

« 圓生のお墓にお参りしました | トップページ | 二の午の初午祭り 合力稲荷に地口行灯 »