« 井の頭池の掻い掘 | トップページ | 江戸東京野菜の味わい »

2018年2月 9日 (金)

圓生のお墓にお参りしました

井の頭公園から多摩川方面に南下すると、途中に、三遊亭圓生の墓所があります。吉祥寺駅に向かう車中でその情報を読んでいましたから、この方面まで来ることはそうないと思うので、ついでと言っては失礼ですが、ぜひお参りしておきたい。  
 
三鷹市をぬけて、千歳烏山に向かいます。玉川上水を渡るあたりは武蔵野の面影の残る雑木林にも遭遇します。農地も広がります。
IMG_1849

一本裏通りの「寺町通り」に入ります。地図で見ると20近くの寺院が集まっています。狭いのにバスまで通り、わずかの距離に停留所が配置されるのは墓参客のためなのでしょう。バスは千歳烏山から出ています。   
永願寺という寺の門口に歌麿の墓の碑がありました。もとは浅草にあった寺が震災で移転したものです。墓石は境内すぐにありました。近くには宝井其角の墓所。やはり深川からの移転です。
IMG_1853
目当ての永隆寺はそこからわずか。これも震災後に本所から移転しています。落語はろーブログのおかげで墓石の位置も簡単にわかりました。義父の五代目と並んで山崎家の墓石があり、おかみさんと二人葬られています。参拝者を案内するように、三遊亭圓生の碑が迎えています。黙祷したのち辞しました。つい最近、STVラジオの新音源を聞くこともできましたし、六代目にはずいぶん長い間楽しませてもらいました。
IMG_1858IMG_1855

千歳烏山駅前から祖師ヶ谷大蔵方面へ。長い長いウルトラマン商店街を抜け、ちょっと迷って東宝スタジオの前に行ってしまいました。
世田谷区もこの辺りは多摩川による台地浸食のためにアップダウンがきつい。いったん降りて東名高速をくぐると静嘉堂文庫美術館はまた丘の上。でもそこは台地の端で多摩川に向かってひらけ、景観を楽しめる場所でした。
IMG_1865IMG_1866IMG_1869

用賀駅で自転車をたたんで帰路につきました。

|

« 井の頭池の掻い掘 | トップページ | 江戸東京野菜の味わい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圓生のお墓にお参りしました:

« 井の頭池の掻い掘 | トップページ | 江戸東京野菜の味わい »