« 江戸東京博物館のミュージアムトーク | トップページ | 竹内誠先生の講演を聞く »

2018年5月 1日 (火)

芭蕉記念館の「江戸名所」

両国回向院の角を曲がると一ノ橋。そのまま進んで小名木川を渡る万年橋にさしかかる手前を曲がると芭蕉稲荷神社があります。ここにはかつて芭蕉が庵を結んだと伝わります。のちに武家屋敷となりやがて大正時代、洪水のあと、芭蕉が愛でたという蛙石が見つかったので、社を立てて祭ったものです。すぐ近くに古くからの地域の鎮守もあって、その先で隅田川堤防に上がると、そこは芭蕉庵史跡展望庭園です。眼前に隅田川が広がり、清洲橋が正面に見えます。時間によって向きを変える芭蕉像が川面を向いています。小さな水たまりのような池にはオタマジャクシが泳いでいるので、やがて親になるのでしょう。
IMG_2224IMG_2227IMG_2228
芭蕉記念館がほど近くにあり、チラシで「江戸の名所と俳諧」と題した企画を知ったので出かけてみました。詩歌とは縁遠い生活ですが、江戸の名所と絡めてくれれば興味がわきます。
初めて入館しましたが、ずいぶん古い建物です。3階に常設展、2階にその企画展会場です。2階は吹き抜けになっていてぐるりと板葺の庇がとりまいて庵の風情です。江戸名所図会のさまざまなページが開かれて掲示され、その場所に関連する俳人や作品が説明されていました。
IMG_2223 IMG_2220

芭蕉は300年前の作品が伝わっているだけで凄いと思ってましたが、常設展示で「自筆の奥の細道・野坡本」が残されていて、数年前に発見されたというのは驚きました。(ネットで調べると異論もあるようです)

三館共通券を買ったので、近くの深川江戸資料館に移動しました。

|

« 江戸東京博物館のミュージアムトーク | トップページ | 竹内誠先生の講演を聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉記念館の「江戸名所」:

« 江戸東京博物館のミュージアムトーク | トップページ | 竹内誠先生の講演を聞く »