« 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) | トップページ | 豊島の長崎富士 »

2018年6月21日 (木)

大江戸今昔めぐりを仮想Androidで

出かけるときにはタブレットPCもスマホも両方持って出かけるようになりました。バッグからPCを取り出すにはちょっぴりだけど手間。   
スタンプラリー機能の、浅草七福神めぐりの残りを完走しましたが、GPSで現在地にジャンプしてスタンプボタンを押すという手順はらくちんです。(アイコンが込み合って押しづらい時もありますけど)   
     Screenshot_20180704053653
なお、スタンプを全部集めても「参加中」のままだとわかりました。これでは一遍きりで、二回目ができません。毎年同じ七福神巡りをするという使い方には向きません。ユーザーが多く希望する人が多くなれば、そういう要望も通るかもしれないのが、スマホの希望です。もうPCソフトにワクワクするものは出ないのかもと思ってしまいます。    
   
でも単に現代地図と江戸地図を見比べるにはタブレットPCの人い画面にはかないません。    
   
そこでWindows10にAndoroidoエミュレータをインストールしてその上で今昔めぐりを動かしてみることにしました。使用したのはNoxです。ゲームを主な目的にしているようですが、これだってゲームのようなものです。無事に起動できましたが、PCがATOMなんで動作はぬるぬるです。タッチでアイコンは反応しますし、画面スクロールも追従します。ピンチで拡大縮小がかなりのタイムラグがあります。残念ながら期待した画面の比率がスマホと変わらず広範囲に地図を見られませんでした。PC本体のGPSとも接続できないようでした。

Photo

|

« 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) | トップページ | 豊島の長崎富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸今昔めぐりを仮想Androidで:

« 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) | トップページ | 豊島の長崎富士 »