« 火の見櫓 | トップページ | 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) »

2018年6月 7日 (木)

NHK「大江戸」

放送を逃すまいと2台で録画しました。期待した通りのクオリティの江戸CGでしたが量は物足りません。あと2回の放送でどんな姿を見せてくれるか楽しみにしていたところ第2回は米朝会談で飛んでしまい、6月10日に延期になりました。 
    
Softdma_20180606_090702108
冒頭に江戸時代以前から町が出来上がっていく俯瞰図を見せてくれたのがよかった。俯瞰CGが一番好きです。水道橋からの神田川や愛宕山から武家屋敷のCGは事前番組でも流れていましたが、精細写真が残っていて近年注目され、そのデータを使って3Dに起こせるようになったのは巡り合わせに感謝です。このCGの中を歩き回りたい! 
Softdma_20180606_091636611 Softdma_20180606_091646855   Softdma_20180606_091902129 Softdma_20180606_091903864 Softdma_20180606_091907702
 
第3回「江戸の火災」の予告映像だと火災旋風が描かれるようです。江戸の町にどのように広がったか時間・地域をおって俯瞰で見せてくれるといいなぁ。    
   
事前に江戸東京博物館の「大江戸」展のミュージアムトーク(学芸員の解説)にも行きました。友の会だとこういうのにもこまめに参加できます。終わってダッシュで帰宅すれば年寄りのデイサービスもどりに間に合います。    
今回のNHKとのコラボは先方から話があったものだそうですが、博物館には資料協力を求めるものの内容はまったく通知がないのだそうです。だから企画展示の「大江戸」のほうは博物館独自で構成したものです。展示後期には「江戸始図」が置かれていますが、博物館で検討したところだと城門の変遷から見て江戸城最古期の姿とはいえないのではないか、NHKではどう紹介するか楽しみといっていました。番組で「始図」はチラリと映しただけでしたが、そこから3Dに起こしてはいましたね。    

|

« 火の見櫓 | トップページ | 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK「大江戸」:

« 火の見櫓 | トップページ | 「大江戸今昔めぐり」(JR東・フジテレビほか) »