« 区内の展示:すみだ郷土文化資料館の「隅田川花火390年」など | トップページ | はねだ日本橋 »

2018年7月25日 (水)

日比谷公園の二つの展示

江戸時代に関する展示が行われていることを偶然知ったので、一挙両得と、自転車で出かけてきました。この時期は少しの移動で汗びっしょりです。30分ほどで着くのですが、途中、のらくろ商店街でソフトクリームを食べちゃいました。

ひとつは緑と水の市民カレッジ3Fのみどりのiプラザで「作られた江戸城と日比谷公園の地形」でした。IMG_3313IMG_3314
20数枚からなるパネル展示で、江戸のもとの地形がどのように活用されて江戸の町が成立したかを解説しています。パネル説明以外の品物がほとんどなかったのは残念でした。発泡スチロールの高さを強調した江戸城の地形が力作です。童友社の江戸城プラモには微笑んでしまいました。これは5年前のアンコール展示で、8月10日までです。
IMG_3318IMG_3319
その下の階では小石川後楽園開演80周年というコーナーが設けられ、都立公園になってからの資料が並べられていました。

もうひとつは日比谷公会堂の裏側(?)の市政記念館の地下にある領土・主権展示館でひらかれた「長久保赤水展」でした。こちらは全く知らない人物です。「いったい何者?江戸の地図男」という惹句がついていますから現在では埋もれた人なのでしょう。国家機密として秘匿された伊能図とちがって、江戸時代の人々に常用された日本図を制作したらしいので興味を強く持ちました。
IMG_3322IMG_3334
会場の「領土・主権展示館」というのも初めて聞きました。行ってみてわかりましたが、国民に領有を争う地域について広報する目的の組織のようでした。(ただし北方領土は北海道に主たる施設がある)

展示館の向かいにしつらえれた特設会場は長久保赤水に関するパネルと複製資料でいっぱいでした。どうやら地元・茨城県高萩では顕彰会がつづくなど尊敬されている人で、資料の多くは国土地理院が収集したもののようです。知る人ぞ知る人物なんですね。
赤水は水戸の儒学者で地理学・天文学・農政学を研究し、各地の地図や日本全図(蝦夷を除く)を発行しました。伊能忠敬のように実測した(幕府の後ろ盾があった)わけではなく、情報を基に地図を完成しました。
IMG_3325IMG_3327
そしてそれが江戸時代の人々が行動するときにこの「赤水図」大いに使われたのです。主な街道と宿場が記されていて庶民は旅先に思いをはせたことでしょう。「吉田松陰も絶賛」なんて文句もあります。脱藩しての東北旅行をはじめ、諸国の情報を整理するには地図が必要ですよね。

驚いたのは、ロシア語版の赤水図が並んでいたことです。レザーノフが持ち帰ったとのことです。近い時期にシーボルトは伊能図のコピーを持ち出してシーボルト事件を引き起こしましたが彼もまた赤水図を持ち帰っているそうで、新しく知ることばかりで小さな展示室を何周もしました。こちらの展示は8月4日までです。
IMG_3330
なお、この地図に韓国が実効支配している竹島がのっていることが領土・主権展示館を会場とした理由のようです。本館のほうにももともとから赤水図を展示していました。
IMG_3332

|

« 区内の展示:すみだ郷土文化資料館の「隅田川花火390年」など | トップページ | はねだ日本橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷公園の二つの展示:

« 区内の展示:すみだ郷土文化資料館の「隅田川花火390年」など | トップページ | はねだ日本橋 »