« 日比谷公園の二つの展示 | トップページ | 久々の生落語 »

2018年8月 5日 (日)

はねだ日本橋

空港で見送りをした帰りに国際線ターミナルに寄りました。キットカット巨峰の新バージョンが出たこともありますが、江戸の街並みを模した商業施設の「はねだ日本橋」をちゃんと見ておこうと思ったからでした。

それというのも竹内先生の講演のなかで、この展示物を作るのに江戸東京博物館へ事後承諾だけれど申し入れがあったとの話があり興味を持ったからでした。橋のある商業施設「江戸小路」は京急からエスカレーターを3Fに上がると吹き抜けの向こうの正面に見えます。早朝だったのですが、ロビーは人でごった返していました。つっ切ってもう一つエスカレーターを上がったところが「江戸小路」。入り口の両脇に東京都の江戸工芸をアピールするウインドウが並びます。つついてアサガオ(造花)の棚が華やかです。これは季節でかわるのでしょうか。
IMG_3384IMG_3385IMG_3389
多くが開店前でしたが、いくつかカフェやレストラン土産店も開いているところがありました。店舗は江戸情緒を思わせる作りですが、リアルさは追及していません。ロビーほど人がいなので外国人に「江戸」がどれだけアピールするかはわかりません。
IMG_3387IMG_3388IMG_3390
羽田日本橋はつづく「お好み横丁」を奥に入ったところにあり、まず下から橋を見上げるように誘導され、戻る形で橋に上がって渡ります。そこが5Fで、橋からはロビーが広く見下ろせ、反対の壁には江戸図屏風から日本橋、江戸城や浅草を抜き出した絵で飾られています。橋の大きさは実物の1/2ということですが、下から橋げたを見るとけっこう本気で作ってあります。橋を渡ると広場になっていて、ガチャがおいてあったり、絵馬のような願いをかけるスペース「お祭り広場」がありました。
IMG_3391 IMG_3392IMG_3393
IMG_3401IMG_3400

ひととおり見学して駅に戻るところのセブンイレブンには変わらずキットカット(限定地域:空港版)が積まれています。先ほどの にも10箱入り(30枚)のものが売られていましたし、通販でも手に入りますが、ここだけはバラで売ってくれます。前回はなかった「メロンマスカルポーネ」もバラになってましたし、目当ての「巨峰」も買えました。

IMG_3406

|

« 日比谷公園の二つの展示 | トップページ | 久々の生落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はねだ日本橋:

« 日比谷公園の二つの展示 | トップページ | 久々の生落語 »