« 東京駅ステーションギャラリーの横山崋山展、「紅花屏風」 | トップページ | 大門から神社への通り抜け »

2018年10月26日 (金)

居残り左平次を鑑賞

先日、柳家小里ん・小もん親子会にいって、弟子が口開けとトリをやるという変わった形式でしたが、師匠が「居残り左平次」をやって中入りの時間が無くなるという熱演でありました。   
ちょっと前にNHKの「落語ディーパー」で左平次を取り上げていて、志ん生・圓楽・談志の主人公の性格付けの違いについて語っていたので小里んはどう演ずるかその場面を待ちました。   
   
番組によってはじめて気づかされましたが、左平次がそばつゆを持って勝っつあんの部屋に入り、紅梅花魁ののろけでとりまく運びなのですが、圓楽・談志が「いただきたい」といって酒をねだるのに対し、志ん朝は相手のほうから盃を勧められる展開となっているのです。なるほど志ん朝のやり方のほうが品がいい、ニンに合った感じがします。   
この違いは番組の中では「志ん朝の工夫かも」なんていってましたが、それぞれの師匠(小さんは「居残り」の音源がない、というより廓噺をやってない)の型でした。圓生は酒をねだりますし、志ん生は酒を勧めます。NHKもそれくらい調べればいいのにと思いました。   
さらに番組では左平次を映像化したら、勘三郎がいいとか、勝新太郎だね、いや渥美清、現代なら大泉洋だなんて盛り上がってましたが、だれもフランキー堺のことを思い出してくれなかったのに歯がゆい思いをしました。   
   
さてその時を待っていると、左平次は「一杯どうだ」と盃を渡されました。本来柳家の噺ではなさそうなので、談志は圓生系、小里んは志ん生系ということになります。サゲも番組では話題にしていました。今回は「ごま塩頭」の圓生系のサゲでした。(志ん生のは一つだけ残る音源が「中ほどでございます」と切ってしまうのでサゲが残っていない)   
ちなみに兄弟子の小三治は、勝から酒を勧めているので、源が同じかもしれませんがサゲは独自のものです。

|

« 東京駅ステーションギャラリーの横山崋山展、「紅花屏風」 | トップページ | 大門から神社への通り抜け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566498/67313712

この記事へのトラックバック一覧です: 居残り左平次を鑑賞:

« 東京駅ステーションギャラリーの横山崋山展、「紅花屏風」 | トップページ | 大門から神社への通り抜け »