« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月24日 (月)

まだあるの?名人の音源

NHK昭和名人寄席というCDが発売され、15枚組のCDのなかに、追いかけている明治生まれの昭和の名人たちの未発表音源がふくまれていることに驚きました。この世代の名人たちは一応確認してからでないと、「レコード・テープで出てた」「放送音源の録音がある」という可能性もあります。さいわい、例によって文京区だけが購入、貸し出しをしているので、予約して実際に聞く予定です。志ん朝と違って新譜に希望者が群がるまではいかないので、10人以下の貸し出し予定(しかも2セットある)ですから2か月も待てば順番がまわってくるはずです。

来年はNHK大河ドラマで志ん生のドラマも含まれたり、ナレーターは志ん生役のビートたけしが担当するらしいので、志ん生その人も何らかの形で取り上げてくれるといいなと考えています。

それどころか、秋からのラジオ番組で名人の音源がいくつか紹介されました。NHKラジオ深夜便の、正蔵「中村仲蔵」、TBSラジオ寄席の、金馬のものは残念ながら既発売のCD音源でしたが、圓生の「文違い」は通販CDのもののようで、それなりに価値がありました。そして、昨日のラジオ寄席、文楽の「富久」は冒頭を聞いた限りでは「落語はろー」サイトのリストにありません。1966年の高座と紹介されました。

お運びでございまして有り難く御礼を申し上げます。間ぃ挟まりまして相変わらず、お馴染みのお笑いを申し上げることにいたします。
「そこぃ行くのは久さんじゃないかい」
「おやっ、どうも。久しくお目にかかりませんな、なんですか、いまどちらに」
「ゥン、ここぃ床店だしてるんだ」
「ヘエ、床店だしてって、どういうご商売で」
「富の札売ってるんだよ」

こんな冒頭ですから間違いないと思います。まだ年末までラジコタイムフリーで聞くことができます。

いやーまだまだ眠ってるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

平成最後の「討ち入り」

ここ数年なかったような「忠臣蔵」「赤穂浪士」映画・ドラマの放送に今年は恵まれました。BSでは同じ時間帯に東宝・大映の二本の映画をやりましたし、過去のTV時代劇も数本放映されました。示し合わせたわけでもないでしょうに

地元図書館では毎年恒例ですが、赤穂事件関連の講演会がありました。今回は忠臣蔵物語の変遷について、その時代に合った脚色が取捨選択されているという内容でした。落語の「仲蔵」で、小野定九郎の描写に苦心しますが、その山崎街道の場面もやがては映像化されなくなります。それどころかお軽勘平の物語自体がカットされていきます。松の廊下の刃傷沙汰の原因も時代によって変化します。確かに「仮名手本忠臣蔵」に近づけたドラマで、大石主税と加古川本蔵・小浪親子の物語は苦笑してみるほかはありませんでした。
バラエティーでも「なんでも鑑定団」で堀部安兵衛の手紙が発見されたとかなんとか。

すみだ文化資料館でも恒例の忠臣蔵展がありました。

今年は、これまでタイミングが合わなかった、江東区、永代橋近くの「ちくま味噌」の様子を14日の当日に、見に出かけました。ここは討ち入りのあと隅田川沿いに南下した一行が甘酒を振舞われたという逸話を残す会社です。その時代の醸造家が存続しているだけでも驚きですが、忠臣蔵のこの時期、店頭で商品を販売し、甘酒の試飲をさせるという習わしです。
DSC_0101
自転車で30分。小名木川を万年橋で渡って、清澄公園のわきをぬけて、現場に到着しました。良い天気でしたが、特に人が集まるでもなく、テーブルの上に商品を並べて社員一人が寒そうに立っていました。声をかけて写真を撮らせてもらうと紙コップに甘酒を注いでくれたのでちょっとぬるめのご厚意を飲み干しました。討ち入り同志のではなく、あとで業績をしのぶ江戸町人の気分でした。
DSC_0104 amazake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ