« 平成最後の「討ち入り」 | トップページ | 江戸川区の富士講と富士塚 »

2018年12月24日 (月)

まだあるの?名人の音源

NHK昭和名人寄席というCDが発売され、15枚組のCDのなかに、追いかけている明治生まれの昭和の名人たちの未発表音源がふくまれていることに驚きました。この世代の名人たちは一応確認してからでないと、「レコード・テープで出てた」「放送音源の録音がある」という可能性もあります。さいわい、例によって文京区だけが購入、貸し出しをしているので、予約して実際に聞く予定です。志ん朝と違って新譜に希望者が群がるまではいかないので、10人以下の貸し出し予定(しかも2セットある)ですから2か月も待てば順番がまわってくるはずです。

来年はNHK大河ドラマで志ん生のドラマも含まれたり、ナレーターは志ん生役のビートたけしが担当するらしいので、志ん生その人も何らかの形で取り上げてくれるといいなと考えています。

それどころか、秋からのラジオ番組で名人の音源がいくつか紹介されました。NHKラジオ深夜便の、正蔵「中村仲蔵」、TBSラジオ寄席の、金馬のものは残念ながら既発売のCD音源でしたが、圓生の「文違い」は通販CDのもののようで、それなりに価値がありました。そして、昨日のラジオ寄席、文楽の「富久」は冒頭を聞いた限りでは「落語はろー」サイトのリストにありません。1966年の高座と紹介されました。

お運びでございまして有り難く御礼を申し上げます。間ぃ挟まりまして相変わらず、お馴染みのお笑いを申し上げることにいたします。
「そこぃ行くのは久さんじゃないかい」
「おやっ、どうも。久しくお目にかかりませんな、なんですか、いまどちらに」
「ゥン、ここぃ床店だしてるんだ」
「ヘエ、床店だしてって、どういうご商売で」
「富の札売ってるんだよ」

こんな冒頭ですから間違いないと思います。まだ年末までラジコタイムフリーで聞くことができます。

いやーまだまだ眠ってるんですね。

|

« 平成最後の「討ち入り」 | トップページ | 江戸川区の富士講と富士塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだあるの?名人の音源:

« 平成最後の「討ち入り」 | トップページ | 江戸川区の富士講と富士塚 »