« 浮世絵展・二題 | トップページ | 鳩森八幡の富士塚 »

2019年6月 1日 (土)

再開した江戸博特別展

江戸東京博物館の全面改装が完了して、先駆けてオープンしていた通常展示会場に送れること1年、ひさびさに特別展が開かれました。「江戸の街道をゆくという」テーマで往事のインフラを見せてくれるのは大好きです。IMG_0807友の会に参加していますので、特別展の入場は500円です。これなら展示物の入れ替えで2度来訪するのも気楽です。でもこの友の会の特典は去年は全く使えなかったわけです。
IMG_0829 会場入口すぐに家康の肖像画出迎えてくれます。IMG_0808 参勤交代を指示した「武家諸法度」。何通もあるにちがいありまさせんが、実物を見るのは初めてです。
IMG_0812IMG_0814IMG_0815IMG_0816IMG_0817
地図や屏風、書状などの街道に関連する資料が並びますが、圧巻は「楽宮下向絵巻」です。今回の展示の副題は「将軍と姫君の旅路」とあり、庶民の旅ではなくて、将軍の日光社参などを扱っているのです。楽宮は家慶との婚約が決まって10歳のときに中山道を下って江戸にやってきました。その時の行列と周辺の様子を描いてありますが、端から端まで絵巻をすべて展開してあり、圧倒されました。
行列を迎える庶民には乳をはだけて子供に含ませる女性が何人かいて、そのざっくばらんさには驚きました。

婚姻の道具や前も見た雛飾り、輿、和宮下向の絵巻(一部展示)などのあと最後を飾るのは東海道を描いた浮世絵です。ただし普通の風景が浮世絵ではなくて、将軍家茂の二度にわたる上洛の行列が描かれていて新鮮でした。(ただし将軍家は直接描けないので源頼朝に比されている)IMG_0828
この特別展も6/16までです。

|

« 浮世絵展・二題 | トップページ | 鳩森八幡の富士塚 »