« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月 4日 (水)

幾代餅

両国回向院の裏手に吉良邸跡のほんの一角を記念した公園があります。柳橋に古くから続く船宿、佃煮で有名な小松屋が喫茶室を営んでいて、そこでは「幾代餅」を販売しています。もちろん江戸から続く・・・というわけではなく、インスパイアされた商品ですが、いつか行こうと思っていました。
WIN_20191129_15_27_59_ProWIN_20191129_15_28_06_Pro
東京江戸博物館の見学の合間に訪問をしました。入り口には「落語好きなら一度は食べたい」とキャッチが掲げてあります。店内右手に椅子席と奥にカウンター、左手は本業の佃煮ほかが販売スペースです。
テーブルに着くとお茶が出され、幾代餅を注文しました。他にはこだわりのコーヒーや取り寄せた甘酒などのメニューがあります。
小さな切り餅が二つ。昆布茶とセットです。餅の片方は餡がのせられ、もう一方は季節で変わる佃煮。今は昆布でしたが春先には海苔になるそうです。
WIN_20191129_14_53_10_Pro
博物館のイベントの時間前ゆっくりと過ごしました。
来週には討ち入りの祭りが各所であります。先週にはMXテレビの「お江戸に恋して・進め江戸小町」のロケが吉良公園とこの店にやってきて、ちょうどその14日のほうそうになるようです。

|

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »