落語と図書館

2018年12月24日 (月)

まだあるの?名人の音源

NHK昭和名人寄席というCDが発売され、15枚組のCDのなかに、追いかけている明治生まれの昭和の名人たちの未発表音源がふくまれていることに驚きました。この世代の名人たちは一応確認してからでないと、「レコード・テープで出てた」「放送音源の録音がある」という可能性もあります。さいわい、例によって文京区だけが購入、貸し出しをしているので、予約して実際に聞く予定です。志ん朝と違って新譜に希望者が群がるまではいかないので、10人以下の貸し出し予定(しかも2セットある)ですから2か月も待てば順番がまわってくるはずです。

来年はNHK大河ドラマで志ん生のドラマも含まれたり、ナレーターは志ん生役のビートたけしが担当するらしいので、志ん生その人も何らかの形で取り上げてくれるといいなと考えています。

それどころか、秋からのラジオ番組で名人の音源がいくつか紹介されました。NHKラジオ深夜便の、正蔵「中村仲蔵」、TBSラジオ寄席の、金馬のものは残念ながら既発売のCD音源でしたが、圓生の「文違い」は通販CDのもののようで、それなりに価値がありました。そして、昨日のラジオ寄席、文楽の「富久」は冒頭を聞いた限りでは「落語はろー」サイトのリストにありません。1966年の高座と紹介されました。

お運びでございまして有り難く御礼を申し上げます。間ぃ挟まりまして相変わらず、お馴染みのお笑いを申し上げることにいたします。
「そこぃ行くのは久さんじゃないかい」
「おやっ、どうも。久しくお目にかかりませんな、なんですか、いまどちらに」
「ゥン、ここぃ床店だしてるんだ」
「ヘエ、床店だしてって、どういうご商売で」
「富の札売ってるんだよ」

こんな冒頭ですから間違いないと思います。まだ年末までラジコタイムフリーで聞くことができます。

いやーまだまだ眠ってるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

象潟寄席

今は浅草寺の裏を奥浅草と呼ぶのだそうで、アニマル浜口の道場ちかくの店もテレビで紹介されたりします。そんな一つでランチした帰りに町会の掲示板に目が行きました。翌日の浅草ねぷたまつりのポスターが貼ってあったのです。ちょうどこの6月に津軽地方を旅行して、五所川原・弘前・青森の祭り展示場を訪れたので興味をひかれたのでした。そこには同じ日の町会主催の「象潟寄席」の告知が小さく並んでいました。

土曜日、ダメもとの気持ちで会場に行きました。会場は浅草見番なのです。落語もそうですが、もしこの場所に入れてもらえるなら、この機会を逃す手はありません。入り口の人に尋ねたら、快く迎え入れてくれるではありませんか。甘えて上がり込むと、無料なのにお茶ペットボトルまで手渡されました。
挨拶のなかで伝統芸能を町内で開催することに意義を感じていることがわかりました。今回で5年目だそうで、こういった落語会は初めてのお客さんがいましたから、その甲斐はあるのだと思いました。
IMG_3468IMG_3466
演者はセミプロの講談師が口明け、ちょっと落語家の到着が遅れているようでした。落語は金原亭馬玉、馬久の兄弟弟子。まず馬玉「近日息子」。あまり耳にすることのない好きな噺でした。はじめからクスグりの連続でオチもよくできているし「近日」はちっとも古びた言葉じゃないし。でも三木助のひとつしか音源をもってません。Youtubeには文朝や喜多八なんかがあがってますね。つづいて馬久「鮑のし」がつづいてお中入り。次は二つ目「強情灸」真打「そば清」と古今亭の仕方噺で、動作の有効性の認識をあらたにしました。とくに「そば清」は蕎麦の曲食い(うどんの音・とろろそばの音・きしめんの音を出す)が大ウケでした。
IMG_3464

見番を出るとまだ昼間。時間をつぶしてドンキの地下駐輪場において弘前ねぷたの開始を待ちました。浅草で人が集まるからねぷたが呼べる、ねぷたが来るから人が集まる。うまく回っているようです。ねぷたはやはり灯が入ってから。弘前で試し打ちをした祭りの太鼓の音が轟く中巡行が始まると、浅草サイズのちいさなねぷたが三台ですが美しいものでした。

IMG_3483IMG_3501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

居残り左平次を鑑賞

先日、柳家小里ん・小もん親子会にいって、弟子が口開けとトリをやるという変わった形式でしたが、師匠が「居残り左平次」をやって中入りの時間が無くなるという熱演でありました。   
ちょっと前にNHKの「落語ディーパー」で左平次を取り上げていて、志ん生・圓楽・談志の主人公の性格付けの違いについて語っていたので小里んはどう演ずるかその場面を待ちました。   
   
番組によってはじめて気づかされましたが、左平次がそばつゆを持って勝っつあんの部屋に入り、紅梅花魁ののろけでとりまく運びなのですが、圓楽・談志が「いただきたい」といって酒をねだるのに対し、志ん朝は相手のほうから盃を勧められる展開となっているのです。なるほど志ん朝のやり方のほうが品がいい、ニンに合った感じがします。   
この違いは番組の中では「志ん朝の工夫かも」なんていってましたが、それぞれの師匠(小さんは「居残り」の音源がない、というより廓噺をやってない)の型でした。圓生は酒をねだりますし、志ん生は酒を勧めます。NHKもそれくらい調べればいいのにと思いました。   
さらに番組では左平次を映像化したら、勘三郎がいいとか、勝新太郎だね、いや渥美清、現代なら大泉洋だなんて盛り上がってましたが、だれもフランキー堺のことを思い出してくれなかったのに歯がゆい思いをしました。   
   
さてその時を待っていると、左平次は「一杯どうだ」と盃を渡されました。本来柳家の噺ではなさそうなので、談志は圓生系、小里んは志ん生系ということになります。サゲも番組では話題にしていました。今回は「ごま塩頭」の圓生系のサゲでした。(志ん生のは一つだけ残る音源が「中ほどでございます」と切ってしまうのでサゲが残っていない)   
ちなみに兄弟子の小三治は、勝から酒を勧めているので、源が同じかもしれませんがサゲは独自のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

久々の生落語

自分が学生の頃は存在しなかったので考えることもなかった英検準1級を対策することになり、もうあまりに多くの単語を忘れていることに驚きました。身についてなかった。使わなきゃ忘れるもんだということを実感しました。

近所を歩いていたら近くの文化センターに落語のチラシが貼ってあるのが遠目に確認できました。年会費を払っている落語会も今年は行くチャンスがなく、先日のすみだまつりの無料落語も水道歴史館の落語も用事が重なりました。建物の中に入って詳しいことを知ろうとすると受け付けの人から声をかけられました。「まだ始まったばかりで無料です」ちょっとためらいながら入場しました。なぜかというと地域の「老人会」の催しものだったのです。

もう違和感のないくらい年を取っていたのですね。水泳のタイムが少し伸びていい気になっていたのが打ちのめされました。
でも順応するのも早い。それでも場内最高峰の席に座って拝見しました。口明けの大道芸人が出し物をやっている最中で、それが終わると天狗連の人の「時そば」。力のある人でした。色物が入ってトリは二つ目の春風亭昇太郎が「ちりとてちん」を演じてドッカンドッカンうけてました。

放送の落語は欠かさず聞いていますが、生はやはりいいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

「演芸図鑑」の対談パート

交替制MCのNHK「○○の演芸図鑑」。最初は故・圓歌だった記憶がありますが。始まったころは近年珍しい演芸番組が立ち上がったと期待いっぱいでしたが、色物・落語・対談という構成には端っからお手上げでした。スペシャル対談パートはいったい誰特なんだろうと。CMカットするのと同じように最初に切り捨ててから演芸パートを見るようになっていました。   
   
対談って、MCが自分を消してゲストの人となりを際立たせようとするか、逆にさまざまなゲストを呼ぶことによってMCが浮かび上がってくるものだと思います。だからMCかゲスト(あるいはゲストの背景・ジャンル)に興味がないと意味がありません。今日も「演芸好きが見る番組」という判断が言葉にされましたが、なぜ演芸界のゲストを呼んで、寄席の裏話とか仲間内の話題、修行の思い出とかにしないのかと疑問でした。    
これまでこのゲストは楽しみだということもありませんでしたし、今だったらMCとして対談を聞いてみたい噺家は誰だろう、いるかなあ? 
     Softdma_20180304_083508173
すると番組表に今日の出演・小三治を発見して、高座がきけるのかと誤解して喜びかけて、対談ゲストと気づいて初めて期待を膨らませて視聴しました。    
いざ対談がスタートすると「噺家になった理由は…」という初手の質問から早速ダメだし!これで保存版決定です。「どうやったら落語が上手になるか…」には「うまくなろうと作っているから駄目だ」とまさにどんぴしゃな答えが返ってきました。毒にも薬にもならないほんわか対談なんかいらない、これで正蔵が変われなきゃ鼻につく噺家から抜けられないと思います。続きがより楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

町内会寄席

手書きのポスターで気が付きました。灯台下暗し・・・地元でこんな行事を開いていたとは知りませんでした。回覧板とか家族に任せていたからなぁ。東京はこういうことに町会費を使うんだと改めて感心しました。記事にしませんでしたが、去年の秋から暮れにかけて「墨田区文化祭」「台東区・荒川区の消防署の集会」「博物館の催し」「青色申告会寄席」「地域NPOの文化事業」で落語を楽しめました。浅草演芸ホールの看板の前で考え込むことがありますが、入ったらトリまで見たくなります。そこまで年寄りを放置できないので入る踏ん切りがつきません。こういう会は1~2時間で済むのでそういう面からも気楽です。東京だから恩恵にあずかれるのですね

そして一町内会が落語会を開いているなんて思いもよりませんでした。噺家は春風亭柳橋と結構なものです。開始時刻よりずいぶん前に路地の中の町内会館へ行きました。1階では地域のボランティアが子供相手の講座をやっていて、うっかりそちらの部屋の扉を開けるところでした。何しろ会場には何も案内がない。見当をつけて靴を脱いで階段を上がると世話役 らしい人がたむろしていたので、確認できしました。町内にあったポスターは すべて会場の飾りになっていたのでした。

会場は座敷で、座布団がばらまかれています。部屋に入るときに会費100円を払うと飴とお茶のペットボトルをくれました。座布団に座っているのは得意ではありません。すぐ前には高座がしつらえられてめくりもちゃんと用意されてます。そしてぐるりと部屋の三方の壁沿いにはパイプ椅子。時間が近づくにつれそちらから先に埋まっていきます。年寄りはひざを曲げて座るのが楽ではないのです。
DSC_0007
まず会長の挨拶がありました。驚いたのはこの会は19年続いているということ。年寄りと一緒に住むようになって数年ですが、この地に縁ができて30年近くになります。まったく気づかなかった自分に呆れました。

口明けを務めたのは二つ目の柳亭明楽。近在の住人だそうです。「三方一両損」をかけました。まだ奉行の貫禄は出せません。そして柳橋。マクラでラジオニッケイの寄席番組「寄席あぷり」のことに触れ、ラジコで聞いてくださいと訴えかけました。ラジコがわかった客がいたかどうか。そういやMCをやってるからこのところ頻繁に名前を聞いたんだ。かけた噺は「干物箱」さすがベテラン真打でした。話の中に干物箱の下りがなかったようですが噺の障りになりません。誰も六代目を思い出して比べる人はいなかったでしょう。大名跡は伝わったほうがいいと思います。    
中入りがあってまた明楽の「転失気」。そして柳橋が「ねずみ」。たっぷり2時間の濃い落語会で、天候はよくありませんでしたが、大満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

今年の「防災落語」2017

いつも見にいっていた墨田区の「防火のつどい」が今年はないようで参加できず残念です。火災予防週間がはじまり、消防庁のHPから拾ってみたら、もう終わってしまったものもありますが、今日が集中日であることがわかりましたので急遽、まとめてみました。   
HPに載せていないものもあるかもしれません(実際、おとといになって掲載された告知もあります)。ここでは防災落語の予定を掲載しますが、芸人としては関根勤、ねずっち、テツ&トモも「講演」しますし、ジュディオングやバイオリニスト、俳優やアナウンサーを呼んでいる署もあります。   
原則、各署のHP掲載そのままを貼り付けています。なお、落語家といっても落語をやるとは限りませんし、抽選券配布とあっても区民や所轄管内に限ることもあります。終了したものも含め、日付順です。来年以降の参考にしてください。   

浅草消防署

浅草防火のつどい

”平成落語ブーム”をけん引する人気実力派落語家、春風亭一之輔師匠による防火防災落語をお楽しみいただけます

とき 平成29年11月7日(火)

午後1時00分~午後3時30分

ところ 浅草公会堂(浅草1丁目38番6号)

第一部:火災予防業務功労者表彰式

第二部:防火防災落語(春風亭一之輔師匠)

お楽しみ抽選会(抽選権先着500枚)

※第二部は午後2時00分から開演となります

入場無料!どなたでもご参加いただけます。第二部から途中入場も可能です。ぜひお越しください。    
      

葛西消防署

日時:平成29年11月9日(木)

場所:葛西区民館(江戸川区中葛西3-10-1) 4階ホール

・第一部 13時30分開会「火災予防業務協力者表彰式」

火災予防業務に功労があった方々に対して表彰を行います。

・第二部 14時30分開会「防火・防災演芸」

・大江戸玉すだれ 出演 佃川燕也(つくだがわ えんや) 社中

・防火防災落語 出演 三遊亭 鳳志(さんゆうてい ほうし) 師匠

※どなたでもご入場できますので、お気軽にお立ち寄りください!         

       

本郷消防署

☆防火のつどい

日時:11月9日(木) 14時~16時半

場所:文化シャッター(株) 2階BXホール (文京区西片1-17-3)

概要:火災予防業務協力者等に対する表彰式や、古今亭志ん陽師匠による防災落語、尚美ミュージックカレッジ専門学校学生による防火演奏会を行います。

※予約は必要ありませんが、満席になり次第入場を締め切らせて頂きますので、ご了承ください。         

       

板橋消防署

落語家・三遊亭愛楽師匠による防火防災講演会

11月9日(木)午後1時30分から板橋区立文化会館2階小ホール(板橋区大山東町51-1)において、「防火のつどい」を開催します。

・ 午後1時30分から 第1部 火災予防運動業務協力者等表彰式

・ 午後2時40分から 第2部 落語家の三遊亭愛楽師匠による防火防災講演会

入場料は無料です!皆さま、この機会で防火について考えてみませんか?

※座席数は限りがあります。来場者多数の場合、入場を制限する場合がございますので、予めご了承ください。

       

日本堤消防署

平成29年11月9日(木)13時30分から15時30分まで、台東区生涯学習センター2階ミレニアムホールにて、「防火のつどい」を行います。

13時30分から14時20分は、火災予防功労者等に対する表彰を行います。

日本堤消防署は今年で開署60周年を迎えます。

「開署60周年記念特別企画 防火のつどい」に是非、皆様お誘い合わせの上お越しください。

桧山うめ吉さんの俗曲(14時30分から14時45分まで)、桂幸丸師匠の防火落語(14時50分から15時30分まで)のみのご観覧(途中参加)も可能です。入場無料です。

※時間は進行の都合上、多少前後する場合がございます。

※満席の場合は、入場をお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください

       

荏原消防署

11月10日(金)

第一部 火災予防協力者表彰式

午後1時30分~午後2時20分

第二部 防火講演

三遊亭若圓歌師匠

午後2時30分~午後3時20分

場所:スクエア荏原(荏原平塚総合区民会館)

品川区荏原四丁目5番28号

尾久消防署

日時 平成29年11月10日(金) 
午後1時30分~午後4時00分
場所 ムーブ町屋ムーブホール(荒川区荒川7丁目50番9号)
内容 第1部  火災予防業務協力者に対する表彰式
第2部  三遊亭歌扇さんによる防火防災講演会
第3部  お楽しみ抽選会
申し込みは不要!入場無料です。皆様のご来場をお待ちしています。

足立消防署

日時 平成29年 11月14日(火)

会場 西新井文化ホール(ギャラクシティ内 足立区栗原1-3-1)

時間 13:30~第一部 火災予防業務協力者等表彰式

14:40~第二部 月の家圓鏡師匠による防火防災落語

「明るく楽しく防火防災を」

入場無料となっております!ご家族やお友達をお誘い合わせの上、是非ご来場ください!なお、ご来場の皆様に記念品をプレゼントいたします。(数には限りがございます。あらかじめご了承ください。)         
         
         

芝消防署

平成29年11月14日(火)、ヤクルトホール(港区東新橋一丁目1番19号)において、13時00分から火災予防功労者表彰式、14時00分から落語家林家きく姫さんを講師に招き、「防火のつどい・防火講演」(定員550名:参加費無料)を開催いたします。

▶申込み方法

参加希望の方は、「防火のつどい申込書」に必要事項を記入のうえ、電子メール又はファクシミリにて芝消防署(予防課防火管理係)へお申込みください。

※防火のつどい・防火講演 スケジュール

13:00~第1部 火災予防功労者表彰式

14:00~第2部 防火講演 15:00終了予定

皆様のご参加をお待ちしております。          
            

日本橋消防署

防火のつどい         

【日時】平成29年11月14日(火)

午後1時20分から午後3時30分

【場所】  日本橋公会堂 4階 日本橋劇場   

【住所】 中央区日本橋蛎殻町一 丁目31番1号

【内容】         

第1部 火災予防業務功労者等表彰式

第2部 防火防災落語 三遊亭朝橘師匠(中央区在住)

※ 入場無料です。直接会場にお越しください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

小さんの「浮世根問」

STVの音源放出に喜んでいましたら、昨日の文化放送・志の輔ラジオで取り上げられた「浮世根問」が貴重音源でした。TBS音源ですが、AMONレーベルからレコード化されていますから、文化放送はそれを使ったのでしょう。
このレーベルからは落語では小さんしか見つかりません。ビクターが絡んだ会社のようですが、ビクター自体は小さんには冷淡で、スタジオ録音の「十八番集」のほかは、ライブ録音は古いシリーズのCD落語特選で何枚か出したっきりで、レコード音源の再発売がありません。そしてそのレコードも図書館でも散逸しているので、新参のコレクターにとってはラッキーでした。   
   
落語はろーで照会すると口演時間からカットはなさそうで、タイムシフトもある今なら入手は簡単です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

エリアフリーとタイムフリー

最近名前が変わりましたが匿名掲示板に初めて接したころ、その中での罵り合いに驚愕した覚えがあります。でもオフィシャルじゃない情報が何かないかと読み続けていましたが、大きな恩恵を受けることになりました。しばらく更新からもれていた落語情報のスレッドで、STVホール名人会の放送が始まると知りました。すでに初回が放送済みでしたが、Radikoのエリアフリーを有効にするために、プレミアムに登録をしました。そしてタイムフリーで10月7日にロールバックして、彦六の正蔵の「中村仲蔵」に間に合いました。   
今月は正蔵で、11月が圓生、12月は馬生がラインナップされてます。久しぶりの新音源、楽しみです。 自分が札幌に住んでいた時代と本放送の時期がかぶっていたようで不思議な気分です。
その前、高校時代はスポラディックE層の反射を狙って広島とか岩手とか長距離試聴をいくつかしてました。他の地方局もためてある音源があるのだったらチャンスがあるといいなあ。
   
新音源であることを確認するために、落語はろーにアクセスすると、ちゃんとブログで事前に紹介していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

「落語ディーパー」をみました

Eテレでは「落語 the Movie」の再放送が終わりました。再放送とはいえ「江戸に聞く」という本編の役者によるミニコーナーを追加していましたから全部録画しなおしました。総合のほうでお盆に特番があるようです。

その枠であたらしい落語番組が始まり、チェックしましたが驚いたのは落語本編はネットで見てください、と宣言したことです。初回は「目黒のさんま」を題材に殿様をどう演じるか、とかなぜ目黒?とか、「深く掘り下げる」対談をしていました。ただ古典落語なのでそのような「掘り下げ」は100年前から、繰り返されたことですから、明らかに「落語初心者の若者むけの掘り下げ」です。だから「本編はネットで見て」なのでしょう。
そうはいっても馬生や先代圓楽、市馬協会長のサンマ食べ方の比較映像は見ごたえがあったので次回「あたま山」も見ます。

番組で「落語家の数は江戸時代以来」と言ってましたが、若いファンも増えているようだし、いつか若手噺家の中から気になる名人が出てくるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧