英語の授業

2017年4月23日 (日)

スカイツリー~羽田空港

思い立って出かけてみました。空港限定のキットカットを買うのもいいかと考えたからです。あちこちで足を止めたので4時間近くもかかってしまいました。   
   
本所から深川へ抜けて月島に出ました。お台場のほうへ行って湾岸道路を自転車がとおれるかどうか不明だったのでオーソドックスに築地を通って、大通りを避けていたら浜離宮に出ました。時間も早く、平日なので観光バスが1台止まっているだけでした。桝形の櫓門の遺構となっている正門前まで自転車を乗り入れてぐるりと後戻り。外周(海岸通り)を南下しました。   
やはり江戸からの遺構と思われる石垣が、中の御門を過ぎたあたりで崩れていて工事中でした。石垣一つ一つに番号を振っています。崩れ落ちた石をちゃっちゃと移動して積み上げるわけにはいかないんでしょうね。
Ishigaki Ishigaki2    
   
竹芝、日の出と埠頭ぞいを進み、やがて天王洲。ここが以前から来たかった場所の一つです。京急・北品川駅で降りてもすぐのところですが、「お台場」です。地名は東品川になりますが、歩道橋や交番、そして小学校にその名前が残っています。
Daiba Daiba_old    
線路向うの御殿山を崩してペリー艦隊に備えた、品川台場のうち、陸続きの場所に造成した「御殿山下台場」の跡地はその形を地図上に残しています。そしてその大半が台場小学校の敷地になっていて、校門近くに出土した石垣がモニュメントとなりました。   
その跡地をぐるりと一回り。学校裏にも地図には見えない小道があり、完全に一周できるようです。
Daiba1 Daiba2 Daiba3 Daiba4    
近くの利田神社には江戸湾に迷い込んだクジラを記念する塚があります。   
Whalemonu
   
北品川・南品川の東海道も何度も通りましたが、いずれじっくり再訪するつもりです。しかし海岸通りは大井競馬場で突き当たりますので、立会川あたりから旧東海道をたどります。      
そしてもう一つのお目当て、鈴ヶ森刑場あとに着きました。この跡地は現在も大経寺の境内ですが、第一京浜(国道1号)に大きく敷地を削られてしまって、慰霊碑が並ぶだけに見えます。火あぶりや磔の形の台が位置を変えて遺されていて、刑場であったことを目に見せてくれます。   
ここでは丸橋忠也・天一坊・白井権八・八百屋お七が処刑されたと記されていました。
Suzugamori1 Suzugamori2 Suzugamori3    
   
Haneda_airport
すぐに産業道路にそれて羽田、そして空港に向かいました。自転車を置く場所はないと言われたので、折りたたんで輪行袋に収めて空港ロビー内を探しました。キットカットはすぐに見つかりましたが、観光客土産用の10枚セットばかりで、授業用にもコレクションとしても過剰です。   
教わってセブンイレブンでバラを手に入れましたが、「桜抹茶」「宇治抹茶」「和苺」はもしかしたら以前の期間限定品と同じかもしれません。セットであきらめた「北海道マスカルポーネメロン」はいずれチャンスがあるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

没になった熊

この夏休みは地球の裏側のオリンピックで毎日もれなく寝不足です。近くのスカイツリーもどうやら金メダルの色になっているようで、日本選手の活躍の反映でしょう。
Goldtree

おまけ塾では夏休み中に、2年生は不定詞、1年生は三単現を先取り・定着をはかります。   
   
特に三単現は理屈を教えてもとっさに使えるようにはなかなかなりません。手を変え品を変え、身近な人の行動を言わせることを繰り返します。そうやっても、自分がコーヒーを飲むかどうか言わせた後、父親がビールを飲むかどうか言わせると My father drink と ‘s’ が平気で抜けるのは当然のこと。学校の授業で扱うのは2学期なので、2か月以上かけて定着を図ります。   
   
否定や疑問で does がでてくると ‘s’ はなくなるのも並行して練習をつづけなければなりませんが、言わせる題材のバリエーションに困ってきます。   
   
テレビで仕入れた情報が目先を変えてくれるので重宝します。だいたい映像がもれなくついてくるので助かることが多い。   
   
そんなわけで「ツキノワグマが何を食べる・食べないか」というテレビ番組の特集は何年も役に立ってくれました。番組ではハチミツ・ケーキなどの甘いものを好み、鼻先に肉や魚を突きだしても関心を持たないと見せてくれました。   
だから子供たちに何を食べるか It eats meat. と予想させた後、 It doesn’t eat meat. と教えてやると生徒が英語で新事実を知る体験ができたのです。   
   
しかし、今年の初夏からニュースでたびたび取り上げられましたが、ツキノワグマの被害が頻出しました。これまでは突然出くわして襲われたり、母子熊で子供を守ろうと攻撃されたりはあると聞かされていました。   
でも今回はどうも襲われた後、かじられた形跡があるというのは驚きでした。しかもクマがカモシカを追いかけて食いつく映像も流れましてショックを受けました。   
雑食といっても植物・昆虫が主で、山に入るときは出くわして驚かせないように鈴やラジオを鳴らす、と決めつけていた小賢しさをあざ笑われた気もします。もちろん長年使ってきたクマの食性教材はボツですが、実はラジオの音を聞いてエサのありかを知らせておびき寄せるのかも、と思うと空恐ろしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

おめでとうリオ!

ここ数日、競泳がニュースをにぎわしています。いやU23のサッカーだって、格下の世代という見方を裏切って、出場を決め、その後の親善試合だってメキシコに勝って成長を見せてくれました。
でも今度の競泳は高校に上がったばかりの下町(川を隔てて隣)の少女が素晴らしい記録を連発して、マルチスイマーとして出場を決めたんです。

久しぶりに、おまけ塾の教材について書くことができます。それというのも、教材は作りつくしたわけじゃなけど新しい思い付きがないのと、今回もそうなのではありますが、つかう写真・絵がネットでとってきたものばかりで公表を躊躇することばかりだからです。

春休みが始まったころ、新中学2年生には「未来」の表現を教えます。be going toが先でwillを続けます。両者には明らかな違いがあるのですが、ほぼ同じことを表すこともあるので、中学校では交換可能な表現をして教えます。「単純未来」とか「意志未来」とか習った方もおられるでしょうが、なかなかそういう用語ではうまく表せません。ネットで解説を求めても正反対の説明が見つかったりで中学生には一筋縄でいきません。
自分は説明を単純化して、(話し手の思う)確率の違いと教えています。そうすればのちのち複雑な説明を受けたときに対応ができるでしょう。

だから子供たちの始業式前に、教師の異動をbe going toを使って知らせます。世間的には公表されているのに、学校は生徒に始業式の場でしらせる週刊だからです。かかわりが深い教師の異動は興味をひきます。子供の中には隠しているつもりで明らかに嬉しそうにすることもあります。

しかし、子供が予定を言う活動はなかなか作りづらい。修学旅行の行き先とかくらいでしょうか。

今回は誰がリオ五輪に行く・行かないを生徒に言わせるチャンスです。誰が行くかを聞いてみて、知っている情報があれば喜んで発言してくれそうです。生徒それぞれが違う情報を出し合ってくれれば最高です。
子どもによってはバドミントンの悲しい事件も知っているかもしれません。

東京五輪のエンブレムはwillを使って予想させましょうか。あれいつ決定するんでしょ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

新年度の教科書を入手する

年が明けて、学校の授業を先行しているおまけ塾では今年の教科書範囲を教え終わりました。そうはいっても教えたら身に着くものというものではないので、何度も反復しています。例えば2年生の「比較」は10月終わりから教え始めて、まだ毎回扱います。「言わされた英語でなく自ら発した英語でないと見に着かない」というモットーからすると本当に身に着く教材を開発しきれていないということかもしれません。   
   
教科書は読みの材料としてしか使っていません。あと、教える内容の順序を決めるのに使っているか。合わせて日頃の学校授業の理解に役立たせないといけないですから。    
だから、教科書本文に教科書CDの音声を組み込んだ、自作電子教科書を作ります。もちろん外に出せるものではありませんので、自家使用だけです。電子教科書が販売されるようになる前から、学校の教室でそうやって使っていました。    
本文を投影しながら、ボタンクリックで1ページ読み上げたり、1文をクリックするとその文をリピート用に二度読み上げるのが主機能です。教科書を読みながら英語を教えるのではなく、単語や発音、用法・文法、関連文化を教えた後、いきなり読み下して理解するやりかたを取っているので、市販品では合わないでしょう。    
   
思い出すと新任教師のころはカセットテープで、キュルキュル巻き戻ししながら使ってました。    
CDの時代には巻き戻しが難しいので、1ページ読むトラックと1文ごとにリピートする空白がはさまれたトラックがありましたが、何度も反復したい文を取り出すことは難しくなりました。    
一般には知られていないと思いますが、バーコード付きのテキストでCDをコントロールする「CDリピーター」という高価な教育機器を買ってもらって活用しましたが、よく故障もしたし、私以外の先生にはなかなか広まりませんでした。
Cdrepeater     
   
また、生徒が教科書を読むとき下を向いて喉を狭めるのが嫌で、OHPにテキストを書いて色シートで文を指定して、自分やALTの声をリピートさせました。    
   
プロジェクターと自作電子教科書でそのへんの問題をクリアできたのです。PCさまさまです。Flashで作れば文字と音の連携や再生タイミングなど自由に作成することができます。    
   
来年度は教科書が改訂されます。教科書会社と一部の学校管理職との不透明な金のやり取りが報道されましたが、採択教科書もこのタイミングで選びなおします。(本当は毎年検討だし、改定時の選択変更もめったにありません。私の教員生活中一度だけ変更になり、また戻っただけです)
Textbook       
   
電子教科書も作り直しになりますが、今、来年度の教科書は年度が替わるまで一般に手に入りません(展示場で期間を切って閲覧は可能:学校には「見本」が届いているので事前準備に使えます)。    
教科書はたいていの自治体で禁帯出図書になっているので、めんどうです。以前に文京区は貸し出ししてくれることがわかっていたので、今回もお世話になることにしました。ところが、真砂図書館が改築中で梱包されていて出すことができないことがわかりました。他の図書館には二世代も三世代も前の教科書しかありません。加えて、真砂のも現行最新にとどまり、新年度のものはないこともわかりました。    
   
途方に暮れていたら、救う神はあるもので、唯一葛飾区で新教科書を貸し出しまでしてくれることがわかったので金町まで出かけて登録し、無事に借りることができました。返すのも次回の借り出しも、荒川一つ隔てた四つ木でできるのでとてもありがたいです。    
音声の購入は、これは教科書そのものではないので、3月近くになれば可能です。それまでは自分の声で我慢しましょう。

WEBで予約して取りに行ったところそばの書架にCDで昨年出た「星寄席」(志ん朝・小三治)がありました。ずいぶん前に文京区でテープを借りて聞いたことがあるし、内容も朗読に過ぎないのは分かってますが、借りちゃいました。

借りた教科書は2社なのですが、どうしたのか”Rakugo”をどちらも題材に扱っています。どうした風のふきまわしなんでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

熈代勝覧 Flash 修正

3年前に「熈代勝覧」のCD-ROMを購入し、その使い勝手の悪さに落胆しました。まず、画面が一時代前の800x600で解像度を上げた表示にすると、絵巻の一部しか見えないこと・スクロールでめあてのページを出すのがたいへんでした。   
   
そこで、Flash Pro CS5.5でソフトを作り直して、一時期公開したことがあります。そのときはInternet explorerでは表示できたものの、Chromeではできませんでした。もちろんローカルではちゃんと動きます。
Flashkidai     
そして月日が経つと、IEでも表示しなくなってしまいました。絵巻の人物にマウスを乗せると職業や身分を表示するように組んだのですが、その作業も手を付けてわずかでやめてしまいました。   
Flashkidaipopup
   
思うところあって、Flash Proで再編集してみました。なにしろ最初にコンパイル(パブリッシュ)してできたswfファイルは51メガバイトありましたから、大きさが問題になるだろうと見当をつけてはいました。swfのサイズを小さくするには外部に追い出すのが定番ですが、20に分割した画像を外部から読み込んで切れ目なくスクロールできるか自信がなかったのです。   
今回は単に、jpgファイルの大きさを半分にしてみたらうまくいったので、いろいろ試したところ、大きさを変えなくてもpngで保存しなおすだけで13メガになって作動することがわかりました。左のLink のリンク先で公開してみます。最初はちょっと重いかもしれません。   
   
さて、このFlash Proですが授業の教材を作るのに重宝しています。単純なページ切り替えの教材はPower Pointで作るのが楽です。しかし、生徒の反応によって分岐したり、ムービーを再生・停止を繰り返すなどの操作はFlashのほうがよい。Flashのおかげでデジタル教科書も自作で済みます。パワポの教材もアドオンのispring freeでswfに変換したほうがきびきび動きます。   
   
しかしiphoneでのswf不採用に始まり、ChromeでもどうやらFlashを停止する方向との報道に触れると、Adobeの文化も終焉が訪れるのかと不安です。   
ローカルで使う分には大丈夫だし、だからFlash Proもバージョンアップしてないのですが。   
だいいちおまけ塾にくる生徒がなくなれば教材も不要…なことも確か。さらに考えるとPCのOSだってWindowsでいられるのかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

フルーツを探しまわる

しばらく前になりますが、介護もどきの合間に地元に帰ってやってる「おまけ塾」に数名の新入生が入りました。   
   
小学校に外国人教師(ALT)が入るようになって久しいのですが、第一の目的の「物おじせずに外国人に接する」はうまくいっていると思いますが、語学的にはどうなのでしょう。   
現役教師だった時から、入門期の英語の音にこだわって授業をスタートしてきました。世には、英語は世界的言語でアジア風の英語でもよしとする風潮もありますが、せっかくだから日本風英語ではない発音は身に着けさせたい。   
年齢が下であるほど、発音の習得に恥じらいを感じないで何度もトライしてくれます。   
   
そこで最初に教える英語はフルーツに決めています。多くが英語由来のカタカナになっていて導入しやすいのと、そのせいで逆に「柿」は何というのだろうと興味を引きます。   
   
油断していたのですが、たくさんある新しいフルーツも現代の子は知っていると思い込んでました。でも「食」ってけっこう保守的なもので、名前だけしか知らないことがわかりました。それどころか、自分が子供のころは近所の家に生っていて簡単に手に入った、ビワ・イチジク・ザクロなんかも知らないのです。   
   
たまたま入ったスーパーで並んでいたので、スモモ・イチジク・ラズベリー・ライム・洋ナシなんかを買いました。よく知らないのだから、”This is ..”の文を使って見せながら教えるのは自然なことになります。   
   
ついでだからと、他にもフルーツはないかと探してみました。特に実がどろりとゼリー状のパッションフルーツを味わわせたい。   
   
まず足をのばしたのはアメ横です。パッションフルーツはありません。ここでは生はないので、干しアンズを買いました。ドリアンがたくさんありましたがこれは買いたくない…   
   
築地場外にも行きました。やはりありません。売れ筋じゃなきゃ置かないですね。   
近くの果物専門店で質問したところ、1年じゅう温室栽培物の入荷はあるのだけれど今は入っていないとのこと。間隔をあけて訪ねてみることにしました。   
F_shop
   
実は、京橋の千疋屋におそるおそる入ってみました。どの果物もお高いこと。ここで買ったら「千両みかん」になってしまいます。幸い置いてありませんでした。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

教科書を借りる

 子供たちの使う教科書は、当然所有しています。また自分の声だけでは何なので、教科書準拠のCDも買ってネイティブ音声を補っています。

 ところが一人だけ学区外の子の面倒を見ていて、その教科書をどうするか考え込みました。教科書の値段は知れたものですが、もうそのあと使わなくなる本をため込みたくありません。

 さて教科書は、地域の住民に公開されることになっています。埼玉では各教育センター出向けばいつでも見られます。また採択の時期には拠点の学校で見られるように展示会が開かれます。しかし貸し出してはくれません。

 都内では図書館もその役割を担っているようで、いくつかの区で収蔵が見られます。しかし貸し出ししてくれるところはわずかで、文京区から借りることにしました。交通費をかけたらそれこそ無駄なので、ついでか、あるいは自転車で行けるところでないと。

 というわけで、真砂図書館蔵書を天神図書館で、借りました。下町から一番近いし、上野経由で自宅に戻るときもよりやすい。湯島天神を覗きがてら、も楽しいものです。

 さあ、目当ての本を借りて案内に目をやって驚きました。天神図書館はこの三月で閉館になるのだそうです。なんでも入居しているビルが建て替えになるに伴う措置だそうで、がっかりしました。

 これからは湯島図書館まで足をのばさなくてはならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

バイアスロン

 テレビ局の公式動画配信サイト gorin.jp で、競技紹介の短い映像を利用して、This is luge. の文で、小学生に教えました。カーリングは露出が大きいためか、知っていましたが、リュージュ・スケルトン・ボブスレー・バイアスロンは全く初めてという反応でした。
 なかなか地上波では放送されませんが、ちょうど今、バイアスロン最終戦のリレーの放送を見ながらこの記事を書いています。

 動画を使うとそのスピード感を味わわせることができて効果的です。

 私にとって、冬季種目はあの札幌五輪以来です。放課後の誰もいない木造校舎で何人かの友達と「ごっこ」遊びをしたのは今でも覚えています。

 ジャンプは離れたところに段ボールを置いて飛び乗り、木の床をどれだけ滑るかを競いました。アイスホッケーはお決まりのほうきでガムテのボールを打ち合いました。
 バイアスロンは、スケーティングの要領で廊下を走り、ポイントで定規を使って輪ゴムを飛ばして的を倒しました。

 だから長じて、大倉山シャンツェにのぼったときは感無量でした。

 バイアスロンのバイはもちろん、bicycle の bi で、アスロンはトライアスロンで周知です。三輪車の tricycle も教えてありますから、その辺を話しても納得でした。

 ところで、日本選手のプロフィールを見ていたら、もちろんみんな自衛隊員なのですが、祖父がマタギという人がいて、面白がりました。雪の中イノシシとか撃ってたんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

16年

 葛西選手がようやくメダルを手にしました。NHKは自身が中継中なのに臨時ニュースを売ってきました。
 長野の日本チームのメダルから16年です。あの時葛西はチームから外れてました。
 まだ若手のころからずっとテレビ中継で追ってきてレジェンドと呼ばれる年齢になっても戦い続けて。

 残念ながら、授業のタイミングが合いません! 現在完了を教える時なら、ずっと現役という題材になるのに。
 でも、別のなにかでつかってやるぅ!

Skijump

 懐かしいアホネン選手も飛んでいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪かき

 昨日は雪で、おまけ塾の授業もやめました。無理に生徒を越させて怪我でもしちゃあつまらない。
 だから、オリンピックで20年ぶりにノルディック複合でメダルをとっても、その興奮も授業で熱いうちには使えませんでした。最後まで抜きつ抜かれつ、いい勝負でしたがラストスパートで離されてしまいました。

 夜になる前にホームセンターにスコップを買いにでました。先週は次男が家にいてシャベルでやったそうで、やりづらい。しかし金属製のスコップは売り切れでした。今日、大量に入荷する予定だそうですが、間に合わない。商機を逃しましたね。
 しかたなく、プラスチックの雪かきを買い求めました。それもその後売り切れたそうです。壊さないように慎重に使えばなんとかなるでしょう。

 夕方、隣家の人と一緒に掻いて、夜に、バイトから帰った次男とまた掻きました。

 ずっとTVでフィギュアをつけっぱなしにして、町田、羽生、高橋と続けて見て、一昨晩のSPでは完璧な滑りを見せた羽生がミス!しかし王者パトリック・チャンも追いつかずに金!
 また授業のネタができました。

 そこまで見て、雨の音がします。雨で雪が解けてくれるならいいですが、量によっては溶けきりません。水を含んだ雪をはねのけるのはたいへんだと、外に出てまた雪かきです。疲れ果てて、中途半端で終わりました。
 うちの路地も、おばあさんばかりで、男手がなくなってしまったので、溶け具合を見てまた働きます。
Snowplow

 つけっぱなしにしておいて、PCではストリームでスケルトンを見てました。バイアスロンは雪の中の狩猟がスポーツになったものですが、リュージュやスケルトンは絶対子供の遊びの延長だと思うんです。でも子供たちはこんな競技は全く知りません。

 映像をダウンロードして見せ、This is luge. って教えてやることにします。鉛筆を持って This is a pencil. というのはバカバカしい、そんな英語は言わないとよく言われることですが、これなら文句は言われないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧