三遊亭金馬

2015年5月26日 (火)

廃棄されたユピテルカセット

もともとこのブログは、どの図書館でどの落語音源を借りることができるか、を忘備録代わりに記録することが主旨でして、いつの間にか方向を見失っているのが現状です。   
すべての情報を記録し終わったわけではないのですが、放置状態になっているのです。   
ところが、「一目上り」を録音できたことから、ユピテルの落語音源について再調査をしたところ、愕然としました。   
   
いま、ユピテルという会社は音楽事業から手を引いているようですが、落語のテープも出していて、その名は「志ん生大全集」などの音源リストに顔を覗かせます。中にはユピテルでしか発売されていない音源があり、図書館になんども検索をかけてみたものです。   
   
ところが、図書館で古い音源にはビクターやコロムビアなど大メーカーも含め、会社名が記載されていないことが多く、しかもシリーズタイトルだけで中に含む演目もないこともままあり、どうしても現地での確認が必要でした。   
書籍の短編集で、出版社名や収録タイトルがない状態だと思うと、図書館での落語音源の扱いがうかがい知れます。   
また、落語音源のシリーズ名が、「○○落語集」「○○落語特選」「○○名演集」と似通ったものばかりで、手掛かりとして頼りないという面もあります。   
   
今でも調査は未完了なのですが、現認しているうちに、ユピテルの音源を発見したのが数年前。   
文京区に圓生の「落語傑作選」レコードが1枚。   
墨田区に同じものがテープとして1本、文楽のテープ7本、志ん生2本、金馬7本、志ん朝1本。正蔵1本。小さん1本。金馬は別シリーズ「落語特選名人集」が4本   
そして神奈川県立に「落語傑作選」文楽2本。正蔵1本   
やはり会社を超えたダブりがあって、不要な音源が多い。
Shinsho     
   
墨田区の文楽テープは「傑作選1」を借りたところが、別会社のテープが確保されました。確認すると処分されていて嘆いていたら、これも今は閉鎖されているTBSの落語配信販売サイトで、収録の「船徳」を発見するという(自分的には)ドラマチックな展開がありました。
志ん生のは惜しかった。幸い「唐茄子屋」が残っていましたが、「一目上り」のテープがおそらく廃棄された後で、これも大いに落胆していたところに今回の放送でした。   
志ん朝としてはめずらしく、他社との音源ダブりもありましたが、「寝床」のほうはその当時は珍しい、共産党落ちのものを聞くことができました。   
金馬はほとんどがダブりで、「狂歌家主」1演目が唯一音源。   
正蔵は珍しい「ちきり伊勢屋」   
神奈川県立の文楽は、墨田区で欠番のものが1本あって助かりました。ただ、小さんの音源も保有していた形跡があり、発見できなかったのは残念でした。   
   
今回の件があって確認したところ、墨田区は圓生、志ん生、志ん朝、小さん、そして文楽の1本、正蔵のもの(八広図書館蔵書のテープ)がリストから消えていました。   
   
図書館は書籍の入れ替えが避けられません。テープには劣化もあります。でも係りが音源を聞いてチェックするのはあまり考えられず、機械的に処分したのかなと想像します。   
今回は放送で補完されましたが、図書館に現存しないものはどんな音源が消えたのかもわかりません。せめて20年前に気づいていれば…   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

金馬のお墓にお参りしてきました 

 かねてより菩提寺、浅草永見寺の場所は知っていました。吉原遊女ゆかりの玉菊燈籠がある有名なお寺です。先日の法性寺のすぐそば。   
   
 墓所への入り口には「信徒以外立ち入り禁止」の看板が遮ります。実は何年か前に立ち寄ったこともあるのですが、はばかられて踏込じまいでした。今回はきちんと事務所を訪ね、単なるファンですがと断って墓参の許可をお願いしました。記帳を求められ、墓石のだいたいの位置を教えてくれました。さすがに没後50年もたつと訪ねてくる愛好家もいませんね、という話でしたが記帳簿の何人か前にも千葉からやってきた人の名前がありました。    
   
Kinba_haka
 線香の束に火をつけていただいて、おそわった墓所に供えました。ちょっと小ぢんまりした、歴代の墓と刻まれた墓石は金馬本人が建てたもののようです。お経を唱えることもできませんが、墓石に向かって楽しませてくれたことの感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

金馬 名演集(ソニー)

 金馬のレコードは、文京区が貸出するだけです。全10枚。この中でCD化されていないのは、「くしゃみ講釈(1)、高田馬場・子ほめ(2)、雛鍔(4)、お化け長屋(5)、節分(6)、居酒屋・歳暮廻し(9)、付き馬(10)」です。

 「節分」は聞きなれないですが、「狂歌家主」です。噺家のうちに設定して、そのために節分の日に掛取りが来ます。サゲは”福は内(ふぐは口)”。他にコロムビアから異音源がありますね。
 「歳暮廻し」は新作で、登場人物に”ケチ田さん”がでてくるところが安っぽい。パチンコの景品を歳暮に廻す噺。現代でも継承されているらしい。このLPの他の音源がありません。

 録音の質は良いですが、ところどころスクラッチノイズが入るのは埃のせいかもしれません。本当は水洗いしてしまえばかなり改善するのでしょうが、自分のものではないのでそのまま聞きました。

 ソニーの未CD音源は実はもっとあって、全20巻のLP「三代目三遊亭金馬」に収められています。こちらのLPは東京都立中央図書館に存在を確認しているのですが、まだ聞きに行っていません。+1枚、特典盤にSP復刻もある立派なものです。
 レコードについての記事は見切り発車してしましましたが、いつか訪問してちゃんと聞いてレポートしたいです。

 というわけでこのLP「名演集」はそのサブセットの位置づけなのでしょう。都立図書館は貸し出しませんから、ゆっくり聞けるありがたい蔵書です。

 さて、文京区で検索をかけるとLP9枚しかヒットしません。ところが、レコード室に行ってみるとちゃんと10枚そろっていたのです。検索システムへの登録が、他社でされていたのでした。他館へのリクエスト・移送だったら気付かなかったでしょう。
 返却したときに申し出て、いちど検索リストから消えたはずですが、今に至るまで戻っていないようです。いつか再確認してみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

古典落語名作選(NHK)

 久しぶり、図書館に落語音源を予約しました。前に借りたところで傷があったので、他所のものを確かめたかったのです。音源レポートもずいぶん間がありてしまいました。まず、わずかにあるDVD資料を済ませましょう。

 落語研究会DVDは未だ貸し出しになりませんが、NHKのものは早くから出回っています。そのあたりは「公共」放送の面目躍如といったところです。その中で私の対象となるのは2種類、「古典落語名作選」はその一つです。ビデオでも出ていますし、それも多くの図書館にありますが、劣化していることでしょう。
 ビデオは20本組、DVDは5巻組です。この際、DVDのみについて記述します。
1巻に志ん生「風呂敷」、2巻に圓生「妾馬(八五郎出世)」と可楽「今戸焼」、3巻に金馬「藪入り」と正蔵「中村仲蔵」、4巻に柳橋「蒟蒻問答」と馬生「笠碁」、5巻に圓生「火事息子」という内容です。金馬と可楽の映像は、惜しくもこの1点ずつしかないはずですから、貴重でもありありがたいことでもあります。他には今輔や柳朝に小南、なぜか若き日の扇橋などが収められています。
Nhkdvd

 古典落語名作選+NHKで検索しても、文字が一部一致するので、先に記事にした古典落語名作選集(別巻)がひっかかります。図書館によっては300点以上のノイズがのることも。

 ビデオは都立図書館や埼玉県立図書館、千葉市立図書館にそろってありますが、DVD全巻揃いは、品川区・江戸川区・台東区・中央区・千代田区・港区・あきる野市・八王子市・町田市・瑞穂町。深谷市・行田市・加須市・宮代町・坂戸市・小川町・川口市・さいたま市・戸田市・朝霞市・和光市。富里市・市川市・白井市・
 部分的に収蔵するのは、足立区・墨田区・豊島区・稲城市・調布市・羽村市・武蔵野市、久喜市・越生町・鴻巣市・蕨市、成田市・君津市・印西市。隣接地区を組み合わせれば難しくはないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

金馬も入ってそろいました

 発売からひと月たって、とうとう遅れていた昭和の名人アンコールが豊島区でそろいました。練馬の帰りによって受け取り、王子方面に歩いているとき、あの雷雨に濡れてしまいました。

 さて、「高田馬場」はレコードで借りたことがありますが、初CDです。「錦の袈裟」「嘘つき村」はポニー・ビクターでそれぞれCDが出ています。

 小学館・昭和の名人シリーズは「決定版」「完結編」「アンコール」そして「大トリ」立川談志は遅れることなく入ったようで、計57冊が豊島区で借りることができます。この金馬は5人待ち、談志は8人待ちで、談志の人気がうかがわれますが、興味がないので談志はたぶん借りることはないでしょう。

 日野市のほうも「アンコール」「大トリ」は先にそろっていましたが、残念なことに「決定版・完結編」で各1冊ずつがリストから除かれています。破損か紛失?整理上の都合であればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

金馬 落語名人撰(アポロン)

 このシリーズは全90巻のカセットで、ラインアップは志ん生(1-20:CDも)・文楽(21-24)・馬生(25-26)・今輔(27,28,49,50)・金馬(29,30,41-48)・圓生(31-40,81-90)・可楽(51-55)・百生(56-58)・文治9(59-60)・圓菊(61-65)・小南(66-70)・小さん(71-80)です。

 アポロン音楽工業>アポロン>バンダイミュージックと変遷して清算、このカセットもすべて廃盤です。すべてが他社から再発売されているわけでなく、図書館が強い味方となります。

 金馬10本をそろえている図書館は東久留米市以外にありませんが、必要なものは29たがや・46道灌・48やかんの3つです。これなら練馬区・文京区にもあります。また荒川区・品川区・墨田区・国立市・立川市・大田区・渋谷区にも1~2本あるので組み合わせて借りてください。
 埼玉県立図書館に金馬10本がそろいます。志木市には2本だけ。
 千葉県は流山市以外は見事に志ん生CDだけを所蔵します。流山市はいろいろな噺家のカセット26本が入っていますが、目的のものは1本のみです。その道灌は「道潅」とタイトルを間違えられてます。

Ap_kinba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

昭和の名人アンコール(小学館)

 決定版・完結編各26巻の後にアンコールとして4巻が刊行中です。すでに志ん朝・志ん生が発行済みであと金馬・圓生が出ます。新しい音源に関してはあまり期待をしていませんでした。これまでの音源監修の草柳さんのHPに情報が載っていないからです。記事もいまさら新しい事実は出てこないでしょう。

 でも、何があるかわかりませんから、決定版・完結編セットのある豊島区図書館を検索するとたまたま登録が終わったところだったらしく、一番で借りることができました。第1巻志ん朝はおなじ小学館の東横セットと同じ音源です。

 発売から登録のタイムラグから、予約したころに落語はろーのブログにに第2号の志ん生情報がのりました。それによると「鰻の幇間」がノーカットバージョンだというではありませんか。これは早く実物を手にしたい。今度は登録日を予想して何度かアクセスのうえ、これも一番の予約ができました。それを今日受け取りに行きました。

 真っ先に次号の予告を見ると圓生の「百年目」が初出し音源であると書かれています。これは楽しみ。思いがけない宝物に出会った気分です。ひょっとすると昨年の春TBSらんまんラジオ寄席で放送されたものかもしれないとあたりをつけていますが。

Anchor

 このシリーズ、豊島区のほか日野市で購入しています。(決定版のあった)埼玉小川町と千葉県立にはこれも入らない様子です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

昭和の名人完結編(小学館)

 本シリーズは日野市にしかなかったと以前書きましたが、のちに豊島区が入れてくれ、そちらで借りました。これは書籍で登録されるものなので、たいていリクエストが可能なのです。もちろん購入してくれるかどうかはその区次第です。私もだめもとで豊島区にリクエストしてみましたが、同じころ数人からリクエストが入っていたようです。

 現在はまだ刊行中(あと3冊)ですが、私の求める昭和の名人たちは完了しました。志ん生・三木助・正蔵・可楽は既存音源だけ、志ん朝も先の東横と同じものです。以下が新音源やノーカット音源になります。

4 小さん:「石返し」
6 圓生:「文七元結」ノーカット
8 馬生:「ざる屋」
9 文楽:「心眼」
16金馬:「茶の湯」

 日野市でも豊島区でも貸出し中の冊子はありますが、待ちはほとんどないようなので2週間あれば借りられるでしょう。もちろん、書籍なので他区の図書館からもOKです。

Showakan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

金馬 花形落語特撰(テイチク)

 「狂歌家主・ずっこけ、妾馬・死神」のテープが隠れていました。十八番の「居酒屋」は金馬がSP録音のために「万病圓」から独立させたとも「ずっこけを含む両国八景」から取ったともいわれていますが、実際に「居酒屋」から「ずっこけ」につながっているのはこの音源だけです。

 新宿区に2巻、文京区と千代田区に片方ずつと合計2セット。さらに品川区にも2巻揃っていて、一方は4本、もう一方は3本もある(つまり3セット+1本)のですが、「花形落語特撰」を入力するとこれが検索ができません。「金馬・テイチク」という検索をしないと見つからないのです。このために発見して借りるのに時間がかかったのでした。(昨日、正蔵の記事で品川区を落としたのも同じ理由です)

Hanagatakinba


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

金馬 全集(日本音声保存)

 13巻37演目収録です。第13巻には収録演目に関する対談・芸談がおさめられています。
 多くの演目がポニーの名演集とかぶっていますし、テイチクの落語の蔵シリーズのうち4演目が含まれています。入手しやすさで組み合わせを考えましょう。
 ただし「居酒屋」「佃祭」「唐茄子屋政談」「錦の袈裟」「やかん」のこのバージョンをCDできけるのはこれだけになります。

 おいてある図書館は限られます。都内では13巻すべてを借りられるところはありません。中野区に・足立区に12巻。欠けている巻が違うのでそろえることはできます。練馬区にカセットで3巻ありますが、発行が文化放送になっています。発行年と各巻の収録演目からみてこのシリーズでしょう。
 めずらしく埼玉県が優勢です。宮代町・川越市・狭山市・さいたま市・志木市に全巻が、また行田市には12巻あります。

 Kinbazensyu


| | コメント (0) | トラックバック (0)