古今亭志ん朝

2015年5月26日 (火)

廃棄されたユピテルカセット

もともとこのブログは、どの図書館でどの落語音源を借りることができるか、を忘備録代わりに記録することが主旨でして、いつの間にか方向を見失っているのが現状です。   
すべての情報を記録し終わったわけではないのですが、放置状態になっているのです。   
ところが、「一目上り」を録音できたことから、ユピテルの落語音源について再調査をしたところ、愕然としました。   
   
いま、ユピテルという会社は音楽事業から手を引いているようですが、落語のテープも出していて、その名は「志ん生大全集」などの音源リストに顔を覗かせます。中にはユピテルでしか発売されていない音源があり、図書館になんども検索をかけてみたものです。   
   
ところが、図書館で古い音源にはビクターやコロムビアなど大メーカーも含め、会社名が記載されていないことが多く、しかもシリーズタイトルだけで中に含む演目もないこともままあり、どうしても現地での確認が必要でした。   
書籍の短編集で、出版社名や収録タイトルがない状態だと思うと、図書館での落語音源の扱いがうかがい知れます。   
また、落語音源のシリーズ名が、「○○落語集」「○○落語特選」「○○名演集」と似通ったものばかりで、手掛かりとして頼りないという面もあります。   
   
今でも調査は未完了なのですが、現認しているうちに、ユピテルの音源を発見したのが数年前。   
文京区に圓生の「落語傑作選」レコードが1枚。   
墨田区に同じものがテープとして1本、文楽のテープ7本、志ん生2本、金馬7本、志ん朝1本。正蔵1本。小さん1本。金馬は別シリーズ「落語特選名人集」が4本   
そして神奈川県立に「落語傑作選」文楽2本。正蔵1本   
やはり会社を超えたダブりがあって、不要な音源が多い。
Shinsho     
   
墨田区の文楽テープは「傑作選1」を借りたところが、別会社のテープが確保されました。確認すると処分されていて嘆いていたら、これも今は閉鎖されているTBSの落語配信販売サイトで、収録の「船徳」を発見するという(自分的には)ドラマチックな展開がありました。
志ん生のは惜しかった。幸い「唐茄子屋」が残っていましたが、「一目上り」のテープがおそらく廃棄された後で、これも大いに落胆していたところに今回の放送でした。   
志ん朝としてはめずらしく、他社との音源ダブりもありましたが、「寝床」のほうはその当時は珍しい、共産党落ちのものを聞くことができました。   
金馬はほとんどがダブりで、「狂歌家主」1演目が唯一音源。   
正蔵は珍しい「ちきり伊勢屋」   
神奈川県立の文楽は、墨田区で欠番のものが1本あって助かりました。ただ、小さんの音源も保有していた形跡があり、発見できなかったのは残念でした。   
   
今回の件があって確認したところ、墨田区は圓生、志ん生、志ん朝、小さん、そして文楽の1本、正蔵のもの(八広図書館蔵書のテープ)がリストから消えていました。   
   
図書館は書籍の入れ替えが避けられません。テープには劣化もあります。でも係りが音源を聞いてチェックするのはあまり考えられず、機械的に処分したのかなと想像します。   
今回は放送で補完されましたが、図書館に現存しないものはどんな音源が消えたのかもわかりません。せめて20年前に気づいていれば…   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

愛宕山をのぼりきって志ん朝を聞く

 同じ下町エリアでも、スカイツリーから東京湾に向かっては微妙に下がっているはずです。でも川や運河を越える橋は中央が盛り上がっていて、深川に向かって自転車をこいでも、結構上り下りがあります。1時間半かけて芝に着いたときは結構疲れ果てていました。

 NHK放送博物館まで、自転車で愛宕山をのぼるのも2度目で、今回は無理かなとも思いましたが、ギアを最軽にしてなんとか一気に漕ぎ切りました。

 12月も半ばですが、都内の紅葉はそれほど鮮やかではないものの、長く続いています。途中の日比谷公園も愛宕神社の境内も結構見ごたえがあります。
Hibiyaleaf  Atagoleaf

 神社駐車場では、ゲーム会社がブースを張っていました。エビ中とコラボしているそうで、ちかぢかイベントがあるそうです。エビ中も何度か授業のネタで使っていますが、男子中学生への浸透は予想より進みません。
 そのブースの裏手に、間垣平九郎の顔出し看板が追いやられていましたが、関西弁の女子がかわるがわる撮影をしていました。
Atagocolb

 昨日ここにきたのは、また「NHKの番組を見る会・落語特集」で、音源が発売されていない志ん朝の「火焔太鼓」をやるからです。小三治の「もぐら泥」もしゃべりだしをメモって、手持ち音源と比べなければ。

 なぜか、番組タイトル以前に志ん朝が登場して、「お父さんに愛を持ってください、今日は火焔太鼓です」というマクラともつかない映像があって、落語本編が始まりました。ちゃんと放映時に録画をしている、はろーさんの資料によると1987年の映像です。
 こういう音源も抱えこんでいないで、発売してくれないかなといつも思います。今日も連続で、同じ番組をやります。

 来月は、廃盤になっている柳橋先生がかかる予定ですので、また来るつもりです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

ぽんぽこ放映

 録画を追っかけ再生してみましたが、志ん朝の「狸賽」は、やはりカットされちゃいましたね。ま、しょうがないか。アニメを期待してみ始めたら、落語が始まったんじゃ視聴者が逃げちゃいますものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

再来週への期待

 たった今、”I,Robot”のテレビ放映を見終わりました。スクリーンでも見ましたが、マザーコンピューターが黒幕って映画、いつまで作り続けるんでしょう。もう陳腐です。劇場でもがっかりしました。

 さて、この枠でジブリ特集ということで再来週は「平成狸合戦ぽんぽこ」をやるようです。果たして冒頭の志ん朝パートをやってくれるのか? 図書館やレンタルでは手に入らないだけにちょっと興味はあります。35分の枠延長なので…

 HD放送で、入手したビデオテープよりはずっとよい画質になるでしょうから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

荒川区にも「東横落語会」が

 古今亭志ん朝の「東横落語会」が、荒川区にも入りました。21枚のCDを12セットに分割しての貸し出しです。一回5点までの貸し出しなので、3回かかります。でも住所を問わない図書館で収蔵してくれるのはありがたいです。
 荒川区の図書館は都電沿いにあることが多いですが、私はいつも日暮里図書館に取り寄せて借りています。JR駅だとあるいは南千住図書館ですか。

 現在、予約人数がゼロです。貸し出し中でもない。今予約ボタンを押せば順番が1番目になります。おそらくここ数日中に収蔵したのではないでしょうか。年末年始に休業になるのが惜しい。
 文京区ではまだ96人待ちなので、こちらに乗り換える需要はありそうです(およそ1年半待ち)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

北区にも「大須演芸場」が

 志ん朝の「大須演芸場」(河出書房)が、北区にも入ったようです。予想外でした。「文化放送」や「東横」も購入しなかったし、練馬区が先に入れると思ってました。

 現在貸し出し中で予約者が3人なのですが、ヒットしたのは、付属解説書なんです。豊島区の文楽全集や流山市の小さん全集でもそうでしたが、解説書を図書として登録する事例はままあります。

 で、AVのほうを検索してもヒットしません。解説書の注釈には、「本資料はCDブック『古今亭志ん朝 大須演芸場』の付属解説書として刊行された。北区立図書館では、CD資料について全32巻を16セットのCD資料として整理し、本資料は独立した「図書」として整理した」と書いてあるので、まさに今CDが登録されつつあるのだと思います。こんなダイナミックな瞬間に出会うのも珍しいです。推移を見ていこうと思います。
 32巻のCDとあるので、特典盤は付属するようで、良かったです。

 区内在住・在勤でないと、インターネットでの予約はできませんが、区外者でも館内のOPACからならできます。うまく登録とタイミングを合わせれば、10セットまで早いうちに借りられます。文京区のほうはまだ130人超待ちですから。

続報(12/23)
 CDが登録されました。検索した一覧からそれぞれのセットにジャンプすると、現在予約は3人です。WEBでOPACが利用できる人は狙い目ですね。
 全部借りるのに2回必要ですから、あとになるほど予約した10セットの中で貸出日がずれてくると思います。何セットかたまるまで待つ人・土日まで行けない人とかいたりして、全部を借り終えるにはかなりの期間を要するはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

落語研究会DVD

 野球に決着がついて、日曜は無事にTBSラジオ寄席が放送されました。金馬の冒頭を聞く限りでは市販音源でした。一応PCの回復を待って、チェックはするつもりです。
 金馬は寄席から締め出されても、ラジオで絶大な人気を誇ったそうです。今聞いても歯切れの良い、耳に心地よいリズムで伝わります。姿が見えないことからタブーとされていた声色の使い分けも取り入れたともいわれ、アンツルさんなどの批評家からは下に見られたとも。

 確かに落語は動作も大きくなく、今のテレビから締め出される状態もやむ得ない面もありますが、たまにはきれいな映像で見たい時もあります。
 すでにビデオは劣化が激しいことがわかっていますから、同じ映像であっても、ここは竹書房・小学館からでているTBS落語研究会DVDで見たいところです。なによりビデオ時代より大量の高座が収められているのがすばらしい。
 さすがに国会図書館にはすべて納本されています。圓生・志ん朝・正蔵・小三治・馬生と今年出たばかりの小さん、ききませんが圓楽・文枝・吉朝すべてです。しかし国会図書館に出かけてこれをすべて見るのは容易ではありません。
 しかし自治体図書館に目をやると、今のところ唯一渋谷区が志ん朝のセットを保有しています。しめたと一瞬思ったのですが、禁帯出のしるしが。貸し出しはなしで、館内の閲覧だけに限られます。やはり見るために通うには無理がありますね、落胆しました。

 図書館でも映画などのビデオは貸し出しをするようになっているのですが、渋谷区は禁止にしているようです。

 ビデオを持っている図書館が、劣化を認識してDVDに切り替えてくれるといいのですが。でもほんとに貸し出したらどれくらいの待ち人数になるのか、恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

志ん朝 平成狸合戦ぽんぽこ

 ジブリの映画でナレーターをつとめた関係で、本編の前にアニメのメインキャラにちなんだ「狸賽」を演じています。
 ジブリといえば「千と千尋の神隠し」はそのイマジネーションの豊饒さに驚嘆しましたし、「となりトトロ」は最初に本領を発揮した作品として繰り返し視聴しましたが、ジブリファンというわけではありません。だから他の作品はテレビで流し見した程度で、この作品も私にとって、生前の志ん朝が落語映像を唯一、市販で残したという意味しかありません。

Ponpoko

 というわけで、普通にこのDVDを買うつもりは初めからありませんでした。で、図書館で検索したのですが、サントラCDやいろいろなアンソロジーCDはあるのですが、DVDはそんなに見つかりません。葛飾区・台東区はじめいくつかの自治体にはあるので借りました。ところが、図書館の貸し出し用DVDには特典映像「狸賽」がついていないのです。
 レンタル店でも、旧作は安価に借りることができますが、状況は同じです。レンタルと販売の差別化はわかるのですが、図書館って意味合いが違うと思うのです。資料を見ることができる場所なのだから、付録を含めてまるまる資料なのに。

 結局あきらめて、「平成狸合戦」ビデオを子育ての終わった知人から譲ってもらうことになりました。DVDではないので、再生環境の存在の不安もありますし、テープの劣化は見なくても進みます。ここは一番、デジタル化して保管するしかありません。
 ビデオデッキで再生してPCに取り込もうとしてびっくりです。コピーガードがかかってます!いまさらセルビデオ(アナログ)を入手するなんて考えてなかったので、そんなことすっかり忘れてました。

 さらに古いアナログ規格のLPレコードがていねいに扱えば所有者の寿命を超えることを許すのに、誕生から30年ほどのビデオが朽ちてしまうなんて。

------------ + ---- + ---- + -----------

 アドビillustratorのスウォッチ(カラーやパターンのパレット)が解決しました。市販のスウォッチが指定のやり方でも常時表示にならないので困っていたのですが、付属のスウォッチをいったん常時表示にした後なら可能になることがわかりました。サードパーティ製というところに問題があるのでしょうが、こんなの分かりません!
 って以前はどうやったんだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

古典落語名作選集・別巻(NHK)

 先日、TBSの古典落語名作選集について記事を書いたときは、別物だと思っていました。ところがいくら探しても別巻1・2しか網にかからない。不思議に思って図書館で手に取りました。ジャケットがTBSのと同じ(色違い)です。
 つまり、NHKが制作しているけれど、販売は新潮社。つまり新潮社が二つの放送局の音源を使って出版したことになります。図書館は新潮社で登録すべきでした。私も前回の記事といっしょに書くべきでした。

 別巻1が志ん生「風呂敷」、だからNHKで別に出た”古典落語名作集”と関連の物かと思ってしまったのでした。2が三平「源平盛衰記」です。
 すでにこの「風呂敷」はDVDで見てしまっているので、借りるつもりはありませんでした。「風呂敷」だけでは足りない尺を、志ん朝「古今亭志ん生を語る」で埋めてあります。書籍やCDではいくつか志ん生エピソードは語っていますが、映像はなかなかないと思い、あらためて借りてみました。

 10分ほどの語りで、内容は別に書かれていることばかり、あるいはこの映像をもとに文になったものもあるかもしれません。

 都立図書館・新宿区・墨田区・中央区・港区・八王子市にあります。(中野区・練馬区には三平の巻)
 秩父市・寄居市・八潮市・鶴ヶ島市・川口市・さいたま市・志木市
 千葉県立・成田市・船橋市・流山市・白井市・印西市・市原市
 
 このように、TBS編と重ねて収蔵しているところもありましたが、中には別巻の2本だけのところもあり、微妙にずれがあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

志ん朝 大須演芸場(河出書房新社)

 なにしろ、特典を含めて62席、毎日一生懸命聞ききました。かいあって、本日返却してきました。

 ブックレットには席亭はじめ大須関係者のエッセイが盛りだくさんです。独演会の度の中日新聞の記事が再録されていて、毎年、”もう○回目になるの”というコメントが載っているのがおかしい。大須で独演会が始まった経緯は、以前からいくつかの書籍で紹介された通りです。それと独演会の同行した芸人の思い出話。
 演題解説は長井好弘・読売新聞編集委員。興味深い解説です。
 巻末に独演会の演目一覧が掲載されています。それによると、本CDブックに収められていないものが、4つ。音源がないそうです。初回特典の「愛宕山」は本編に編入してあるべきでした。それでコンプリートです。もうひとつの「宮戸川」は日付が独演会と同じだけれど、演目一覧にありません。事情についてはまったく解説がありません。

 CDブック3冊はそれぞれ、5つ折れになっていてCD10巻ずつが収納されています。初版特典・予約特典CDは図書館のほうでブック3の内側に袋を張り付けています。
 初出演目は「あくび指南・強情灸・そば清・ぞろぞろ」です。予約特典盤の「風呂敷」以外はダブる演目はなく、それはもともと独演会の演目に10年の間、2度繰り返したものがないのです。この「風呂敷」と同じディスクの「酢豆腐」はともに1980年の物で、別の機会に大須演芸場を訪れた時の物でしょう。

 発売前は販売店特典やラジオ放送で、そのような音源が紹介される話もありました。流れてしまいましたが、ぜひ放送を実現してもらいたいです。

 まず、再生してすぐ気付くのは録音レベルが低いこと。私はCDプレーヤーをしまってあるので、PCで再生しますが、WMPの再生音量もPCの再生音量も最大にしないとよく聞こえません。うっかり他の音源を再生してしまうと大音量で驚きます。ふつうの落語CDの半分くらいかなぁ。

 プロの機材で録音したものではないので、SN比がかなり悪いのだと思います。編集で、音声がない部分のノイズを極力下げているものがあります。で、全体の音量も下げてある、と。
 でもいったん音量を適切にセットして聞いていると、没頭してしまうので他のCDを聞くときは注意が必要です。

 ほんとにリラックスして演っているというのがマクラでわかります。”ソープランド”や”吉原初登楼”の話なんかもポンポン出ます。
 「紙入れ」は39分中20分がマクラで、その中に「男の勲章」が。”山田吾一と呼ばれた”話は別に「二番煎じ・錦の袈裟・厩火事」に登場です。
 「お化け長屋」での、話題になるために”軽く癌でも患ってみようか”というクスグリには息をのみました。その時はすでに…。そして「崇徳院」で、”ここの席亭は葬式に「小言幸兵衛」をやってくれというが、あたしの方が先に”とウケてましたが、予言となってしまいました。
 「火事息子」を始めようとするときに、楽屋で消火器のピンが外れて白煙が漂ってきます。
 「そば清」の解説に、「志ん朝演出ではそばをたぐるシーンは最初は省かれている。最後のそば賭けでようやく仕草を見せる」とあります。確かにそこで観客はどよめきます。
 ちなみに、志ん生はすべて仕草なし。馬生は少し仕草を入れる、さん喬はすべて仕草付きで”食べる速さの変化”を表現していました。
 毎年の千秋楽のトリでは最後に三本締めをします。それが何本かに入っていますが、特に10年目の「居残り佐平治」では独演会が幕引きであることを告げます。その場で聞いているかのように寂しさを感じました。

Osubox

 現在のところ文京区に2セットのみ、126人待ちとなっています。盤面はピカピカです。一巡した後もきれいなまま、一つの欠損も出ないことを祈ります。

 書籍出版社発行なので、他の地域でも入る可能性はありますが、前に豊島区で質問してみたところ、”これは視聴覚扱いですね”とのことでした。次は練馬区かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)