林家正蔵

2015年5月26日 (火)

廃棄されたユピテルカセット

もともとこのブログは、どの図書館でどの落語音源を借りることができるか、を忘備録代わりに記録することが主旨でして、いつの間にか方向を見失っているのが現状です。   
すべての情報を記録し終わったわけではないのですが、放置状態になっているのです。   
ところが、「一目上り」を録音できたことから、ユピテルの落語音源について再調査をしたところ、愕然としました。   
   
いま、ユピテルという会社は音楽事業から手を引いているようですが、落語のテープも出していて、その名は「志ん生大全集」などの音源リストに顔を覗かせます。中にはユピテルでしか発売されていない音源があり、図書館になんども検索をかけてみたものです。   
   
ところが、図書館で古い音源にはビクターやコロムビアなど大メーカーも含め、会社名が記載されていないことが多く、しかもシリーズタイトルだけで中に含む演目もないこともままあり、どうしても現地での確認が必要でした。   
書籍の短編集で、出版社名や収録タイトルがない状態だと思うと、図書館での落語音源の扱いがうかがい知れます。   
また、落語音源のシリーズ名が、「○○落語集」「○○落語特選」「○○名演集」と似通ったものばかりで、手掛かりとして頼りないという面もあります。   
   
今でも調査は未完了なのですが、現認しているうちに、ユピテルの音源を発見したのが数年前。   
文京区に圓生の「落語傑作選」レコードが1枚。   
墨田区に同じものがテープとして1本、文楽のテープ7本、志ん生2本、金馬7本、志ん朝1本。正蔵1本。小さん1本。金馬は別シリーズ「落語特選名人集」が4本   
そして神奈川県立に「落語傑作選」文楽2本。正蔵1本   
やはり会社を超えたダブりがあって、不要な音源が多い。
Shinsho     
   
墨田区の文楽テープは「傑作選1」を借りたところが、別会社のテープが確保されました。確認すると処分されていて嘆いていたら、これも今は閉鎖されているTBSの落語配信販売サイトで、収録の「船徳」を発見するという(自分的には)ドラマチックな展開がありました。
志ん生のは惜しかった。幸い「唐茄子屋」が残っていましたが、「一目上り」のテープがおそらく廃棄された後で、これも大いに落胆していたところに今回の放送でした。   
志ん朝としてはめずらしく、他社との音源ダブりもありましたが、「寝床」のほうはその当時は珍しい、共産党落ちのものを聞くことができました。   
金馬はほとんどがダブりで、「狂歌家主」1演目が唯一音源。   
正蔵は珍しい「ちきり伊勢屋」   
神奈川県立の文楽は、墨田区で欠番のものが1本あって助かりました。ただ、小さんの音源も保有していた形跡があり、発見できなかったのは残念でした。   
   
今回の件があって確認したところ、墨田区は圓生、志ん生、志ん朝、小さん、そして文楽の1本、正蔵のもの(八広図書館蔵書のテープ)がリストから消えていました。   
   
図書館は書籍の入れ替えが避けられません。テープには劣化もあります。でも係りが音源を聞いてチェックするのはあまり考えられず、機械的に処分したのかなと想像します。   
今回は放送で補完されましたが、図書館に現存しないものはどんな音源が消えたのかもわかりません。せめて20年前に気づいていれば…   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

正蔵 真景累ヶ淵~通し(ワーナー)

 間にCD情報をはさみましたが、図書館落語レコード情報の続きです。

 圓生は、正蔵のゆっくりした喋りを過度であると批評しました。私もそう感じます。だから圓生と正蔵で同じ噺をやるのを聞くと、圓生に軍配を上げてしまいます。ま、口跡なめらかさも歌い調子までいってしまうと、今度は言葉が耳に入りづらくなりますけど。

 圓朝の続き物人情噺は、今や寄席でかかることがありません。真打が毎回続き物をかけて毎晩客を集めるという興行形態は、近所の客を前提としなければ成り立ちません。今では手がける人も少なくなってしまいました。志ん朝も「豊志賀」の段しか残しませんでした。
 現在では、歌丸さんがきちんと演ってますね。

 圓生は、通した口演があったのかどうか、「百席」にはあるものの、ライブではまとまっていません。

 正蔵も残しています。クラウン「怪談噺・幽霊噺集成」のものは、あちこちの口演の寄せ集めですが、時期が早いだけにこちらの高座のほうが出来がいいと思います。
 1978年に、通しで「真景累ヶ淵」を遺したのは、圓生百席(の前身の「人情噺集成」レコード)の影響はあったのでしょうか。これは、スタジオ録音です。
 それが、コロムビアから通販商品(!)で出ています。

 当然、図書館にはおいてないのですけれど、元のワーナーのレコードのリマスター・再発売です。

 なので、たった一つだけ、そのレコードをおいてある図書館があります。埼玉県立熊谷図書館です。
 借り手あまたという商品ではありませんから、ジャケットからきれいな状態で保管されていました。レコード特有のスクラッチノイズもほとんどありませんでした。
 内容は「宗悦殺し・総門の長屋・宗悦の亡霊(クラウンCDはこれを流用)・豊志賀の死・浄善ヶ淵“お久殺し”・土手の甚蔵・お累の婚礼・勘蔵の最期・迷いの駕籠・惣右衛門殺し・湯灌場・聖天山」となぜか「深見新五郎」の段が抜けています。クラウンCDでは「松倉町の捕り物」として演じているのですが。
 また特典として、「古累“親不知”」、芸談「圓朝あれこれ(一朝のこと)・(累ヶ淵異聞)」が収録されています。
Shikeiall

 記録として貴重なのですから、通販ではなく普通に販売して図書館に持たせるべきだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

林家正蔵はなしの世界(東芝)

 スタジオ録音で客なしのレコード2枚組5セットです。正蔵の高座はライブでもそれほど客が笑い転げるわけではないので、スタジオでもあまり変わらないといえます。1974年のレコードで、ややゆっくり語ってます。
 その10年前の音源と比べると、そちらはよほど聞きやすい。最晩年、彦六を名乗ってからの音源はもっとゆっくりになっていますから、テンポがいかに大切かわかります。1950年代の録音は片手ほどしか残っていなくても、そのころは客席もわいてます。

Hanashiworld

 国会図書館には全5セットありますが、訪問してもいまだ聞かないままです。部分的に持っている、新宿区(vol.1)と文京区(vol.3)埼玉県立熊谷図書館(vol.5)では借りて、自宅でのんびり聞きました。盤面の状態は良好です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

古典落語名作選(NHK)

 久しぶり、図書館に落語音源を予約しました。前に借りたところで傷があったので、他所のものを確かめたかったのです。音源レポートもずいぶん間がありてしまいました。まず、わずかにあるDVD資料を済ませましょう。

 落語研究会DVDは未だ貸し出しになりませんが、NHKのものは早くから出回っています。そのあたりは「公共」放送の面目躍如といったところです。その中で私の対象となるのは2種類、「古典落語名作選」はその一つです。ビデオでも出ていますし、それも多くの図書館にありますが、劣化していることでしょう。
 ビデオは20本組、DVDは5巻組です。この際、DVDのみについて記述します。
1巻に志ん生「風呂敷」、2巻に圓生「妾馬(八五郎出世)」と可楽「今戸焼」、3巻に金馬「藪入り」と正蔵「中村仲蔵」、4巻に柳橋「蒟蒻問答」と馬生「笠碁」、5巻に圓生「火事息子」という内容です。金馬と可楽の映像は、惜しくもこの1点ずつしかないはずですから、貴重でもありありがたいことでもあります。他には今輔や柳朝に小南、なぜか若き日の扇橋などが収められています。
Nhkdvd

 古典落語名作選+NHKで検索しても、文字が一部一致するので、先に記事にした古典落語名作選集(別巻)がひっかかります。図書館によっては300点以上のノイズがのることも。

 ビデオは都立図書館や埼玉県立図書館、千葉市立図書館にそろってありますが、DVD全巻揃いは、品川区・江戸川区・台東区・中央区・千代田区・港区・あきる野市・八王子市・町田市・瑞穂町。深谷市・行田市・加須市・宮代町・坂戸市・小川町・川口市・さいたま市・戸田市・朝霞市・和光市。富里市・市川市・白井市・
 部分的に収蔵するのは、足立区・墨田区・豊島区・稲城市・調布市・羽村市・武蔵野市、久喜市・越生町・鴻巣市・蕨市、成田市・君津市・印西市。隣接地区を組み合わせれば難しくはないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

落語研究会DVD

 野球に決着がついて、日曜は無事にTBSラジオ寄席が放送されました。金馬の冒頭を聞く限りでは市販音源でした。一応PCの回復を待って、チェックはするつもりです。
 金馬は寄席から締め出されても、ラジオで絶大な人気を誇ったそうです。今聞いても歯切れの良い、耳に心地よいリズムで伝わります。姿が見えないことからタブーとされていた声色の使い分けも取り入れたともいわれ、アンツルさんなどの批評家からは下に見られたとも。

 確かに落語は動作も大きくなく、今のテレビから締め出される状態もやむ得ない面もありますが、たまにはきれいな映像で見たい時もあります。
 すでにビデオは劣化が激しいことがわかっていますから、同じ映像であっても、ここは竹書房・小学館からでているTBS落語研究会DVDで見たいところです。なによりビデオ時代より大量の高座が収められているのがすばらしい。
 さすがに国会図書館にはすべて納本されています。圓生・志ん朝・正蔵・小三治・馬生と今年出たばかりの小さん、ききませんが圓楽・文枝・吉朝すべてです。しかし国会図書館に出かけてこれをすべて見るのは容易ではありません。
 しかし自治体図書館に目をやると、今のところ唯一渋谷区が志ん朝のセットを保有しています。しめたと一瞬思ったのですが、禁帯出のしるしが。貸し出しはなしで、館内の閲覧だけに限られます。やはり見るために通うには無理がありますね、落胆しました。

 図書館でも映画などのビデオは貸し出しをするようになっているのですが、渋谷区は禁止にしているようです。

 ビデオを持っている図書館が、劣化を認識してDVDに切り替えてくれるといいのですが。でもほんとに貸し出したらどれくらいの待ち人数になるのか、恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

正蔵 正本芝居噺考(三一書房)

 この夏に、国立演芸場で”芝居噺展”がありました。そんな折に、正蔵の「正本芝居噺考」ビデオを見つけました。これは日大の映画科が記録にとったものの一部で、BSで放送されたことがあるそうですが、ビデオになったものはこれだけのようです。「菊模様皿山奇譚 楼門の場」と「鰍沢」が収められています。
 「皿山奇譚」の方はカラーで、といっても感度不足ですが、途中の立ち回りの段になると幕が下りて背景が変わり、姿を改めた正蔵が芝居をします。落語の高座なので座り芝居です。
 「鰍沢」はモノクロで、どこで芝居がかりになるのかとみていると、とうとう旅人が川に落ちてしまって噺が終わったときでした。

 このビデオは品川区・墨田区・豊島区、そして千葉県立・市川市・浦安市にあります。

 で、芝居(歌舞伎)への憧れが日常はなくなった時代に芝居噺が生き残れるのか、と考えてしまいました。
 すると、そのあと偶然にもテレビで一朝さんの「芝居噺怪談牡丹灯籠」が放送されました。これは正蔵もやらなかった演目で、一朝さんが芝居仕立てに直したのです。珍しいのでまだ録画をとっておいてありますが、さて。

Sibaibanashi

 これで図書館の落語ビデオは、NHKのものだけになりました。それはDVD化が済んでいます。もう新たなビデオは出ないでしょう。
 とぎれとぎれにビデオについて記事にまとめたのは、劣化を考えるとギリギリの時期だと思ったからです。もうビデオデッキを持っていない方も増えてくるでしょうし、今のうちに鑑賞しておくべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

正蔵・小さん 東宝名人会落語傑作選(東宝)

 このあとビデオ数点の発見が相次いだのは意外でした。今の落語研究会DVDを除くと落語の映像商品というのはとても数が少ない。

 話芸というくらいで、黎明期を除けば、落語がテレビに向かないことの一つの証でしょう。一人の男が高座の中央から動かずに手の届く範囲の所作で演ずる-画面に花がありません。
 それはともかく、数がないのだからひっそりと所蔵されているビデオがあろうとは思っていなかったのです。

 今回は中央区でした。ビデオテープのタイトルがわからないので名人たちの名前を一つずついれて、AV、ビデオ資料を指定して検索します。圓生・文楽では既知のものばかり。正蔵もそうでした。ところが名前を彦六に変えてビデオをさがしたら、”東宝名人会落語傑作選”というテープが見つかりました。初耳です。「ぞろぞろ」「やかん」「蔵前駕籠」の3つが収められています。
次にそのタイトルでビデオを検索しなおすと、1994年発行で、圓歌、金馬そして小さんのものがありました。小さんの演目は「禁酒番屋」「宿屋の富」です。さっそく借りました。
 京橋図書館ではビデオは閉架資料となっており、借りるには該当のカードを棚から探し出します。予約しておけばそれは不要ですが、カードは棚からはずされます。カードにはビデオのラベルが貼りつけられており、手元に来ないので、書かれている情報を見ることができません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

文楽・圓生・正蔵 古典落語名作選集(TBS)

 古典落語名作選集が6巻、続・古典落語名作選集が6巻のビデオです。

 新潮社のクレジットもありますので、登録は混在しています。中には正は新潮社、続はTBSと登録している図書館もあります。すべて落語研究会の映像ですので現在のDVDに再録されています。

 構成は「正」が

 1 文楽:富久・鰻の幇間
 2 文楽:つるつる・景清
 3 圓生:一人酒盛り・引っ越しの夢
 4 圓生:なめる・掛取り漫才
 5 正蔵:首提灯・蒟蒻問答
 6 正蔵:中村仲蔵・芝居の穴

 「続」が

 1 文楽:愛宕山・明烏
 2 文楽:干物箱・穴泥
 3 圓生:盃の殿様・鼠穴
 4 圓生:蟇の油・居残り佐平治
 5 正蔵:五人廻し・旅の里扶持
 6 正蔵:蛸坊主・戸田の川原

 となっています。もちろんどれも気合の入った高座です。

 東京都立:正1~6     (貸し出しなし)
 江戸川区:正2~6・続6  (ちなみにすべてポニーキャニオンと誤登録されています)
 新宿区:正1~4・6
 墨田区:正1~6・続1~6 (画像の劣化が多いです)
 台東区:続1・2・4・5
 中央区:1・3・5・6
 千代田区:続1~6
 中野区:正2・3・5・6
 港区:正2・3・4・5
 清瀬市:正1~6
 調布市:正1~6・続1~3
 八王子市:正5・6・続1~6
 福生市:正1~6
 町田市:正1・4・6・続5・6
 
 千葉県立:続1~6
 八千代市:正2・3
 成田市:正1~6・続1~6
 市川市:正1・2・5・6・続3・5・6
 船橋市:正1~6
 白井市:正1~6・続1~6
 匝瑳市:正1・2・4・5・6・続2~6
 印西市:正1~6
 市原市:正3~6・続1・2・3・6

 秩父市:正2・5・6
 寄居町:正1・2・4・5・6・続1~6
 春日部市:続1・2・4・5・6      (ここもポニーキャニオン)
 八潮市:正1・2・4・5・6・続1~6
 狭山市:正1~6
 富士見市:正1~5・続1~6
 坂戸市:続1~6
 鶴ヶ島市:正1~6
 川口市:正1~6・続1~4
 さいたま市:正2・6・続1・3・4・5・6
 
 思ったより収蔵がありました。新潮社がからんでいるからかもしれません。ぐぐっただけでも旭川市の図書館がかかりますので、全国にも結構あるものかもしれません。このシリーズには”ことば狩り”はありませんでした。
 でも、DVD落語研究会を入れてくれるといいのですが。
 
 同じ名前のNHKのものもあります。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

正蔵 カセットトーク(新潮社)

 この”新潮カセットトーク”シリーズは、圓朝作の長編人情話を集めたもので、「名人長二」の志ん生、「双蝶々」の圓生もありますが、そちらはすべてがCDになっています。(小朝のジョーク集は別シリーズ?)

 ところが、林家正蔵の4本は長らくCD化されませんでした。内容は

1 「粟田口 佐賀町河岸」「粟田口 国府台の紅葉狩り」「粟田口 丈助の最後」、
2 「緑林門松竹 医者秀英の家」「緑林門松竹 三味線堀の殺し」、
3 「緑林門松竹 原ノ郷の茶店」「緑林門松竹 新助市原ノ郷の捕り物」、
4 「緑林門松竹 またかのお関」「緑林門松竹 新助市の最期」

 というラインアップです。

 おととし、EMIから”THE正蔵”として、CD+DVDの製品が出ましたが、その中に「佐賀町河岸」と「丈助の最期」だけが収録されています。これでは中途半端です。いまだ、このカセットの価値は変わりません。

 「粟田口」は志ん生が、”抜き読み”と断って音源を残しています。「またかのお関」は圓生のものがあります。正蔵はもっと”遺そう”という気持ちだったのでしょう。圓朝は「やんま久次」をエピソードとして取り入れたけれどのちに削除したといいます。で、正蔵はそれを復活しています。のちには単独でも演じているので好みだったのでしょう。「粟田口」は3年かけて高座にかけましたが、これでも短縮版だそうです。

Awata

 板橋区・文京区・東久留米市・清瀬市・西東京市に4本とも。荒川区・練馬区・目黒区・渋谷区が部分収蔵。荒川区は「粟田口」の1本ですからいいですが、他は「緑林門松竹」が完結しません。テープは早いうちに借りましょう。
 鶴ヶ島市も「粟田口」と「緑林門松竹」から2本、松戸市・横芝光町には全4本と白井市・千葉市・流山市・館山市に「粟田口」があります。

 ----追加

 コメントで葛飾区が抜けているとの情報をいただきましたので修正します。しかし現在は「粟田口」と「緑林門松竹」から2本で、1本廃棄されたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

システム復活

 佐倉市立図書館のメンテナンスが予定通り終了しました。怪談話・幽霊噺集成シリーズCDは16点あり、そのうち圓生(「猫定・樟脳玉」)・正蔵(「年枝の怪談・一眼国」)とも1点ずつ確認できました。

 市川市も佐倉市も横断検索に現在対応しています(県HP上はまだメンテ中)。また横芝光町も復活しましたが、怪談噺・幽霊噺集成は講談のみでした。いまだ我孫子市をはじめいくつか横断検索できませんが、このシリーズも廓噺・艶噺集成もないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)