柳家小三治

2015年9月10日 (木)

台風と人間国宝

前売りチケットを買っておいた当日になりました。自分にとっても久々の生落語です。自転車で江戸川区まで行く気満々でした。早くから寄り道なんかしたかったのですが、この天気ではどうしようもありません。駅に向かった時は小降りになって、小岩駅では止んでいました。だからバスに乗らずに長い商店街を歩いて抜けました。   
   
歩けばそれなりにまた発見はあるもので、会場わきにながれる親水公園はもともと小松川の暗渠のあとにできたものですが、すぐ近くの香取神社は小松菜を奉納するようだし、その隣には小松菜屋敷がありました。またゆっくり寄ってみましょう。   
Edogawakatori
   
今回の落語会は、人間国宝指定後初めての生小三治が目あてですが、他の顔ぶれも扇辰、一琴とよくまるまる楽しみでした。会場ロビーで売ってたカツサンドを買って寄席の気分で座席で食べてしまいましたが、会場内で飲食しないでとアナウンスがあり、バツが悪かった。   
Edogawasogo  Edogawarakugo_3
   
前座さんの口開けの後、扇辰は江戸っ子のタンカが心地よい「三方一両損」、そして一琴は「夢八」。どちらも口を開くと「少し我慢すればお目当て」といってましたが、どちらにも待ってましたの声掛けをしたい気分でした。特に「夢八」は上方種で、だまされて首吊りの番をする男の噺ですが、とても出来がよく大爆笑の連続でした。もしかしたら噺は知ってますが、聞くのは初めてだったのかも。見るのは間違いなく初めてで、マンダラ(手ぬぐい)を首吊りの紐に見立てるのは記憶にありません。大うけでした。こりゃ帰ったら音源を探さなくちゃ。   
   
お仲入りのあと、小三治登場。マクラで扇橋の俳句の会のことを話し始めて「どうでもいいですね」と話題を変える…。と見えて、自作の句、「セイヤよりワッショイが好き神輿かな」を紹介する。つまり江戸の祭りの掛け声につながります。江戸三大祭の歴史から、ミツワ石鹸CMを口ずさんだりと寄り道しつつ、ようやく四神旗の話が始まったので「百川」かと思いましたが、また昔飛鳥で見つかった古墳でNHKが胃カメラの太いので探査したら壁に四神が見つかったと本編にはなかなかたどりつきません。「高松塚」の名は出てこなかったですか。   
でも小三治だからというバイアスはかかってるんでしょうが、噺にちょっと疑惑の間があっても、何を言っても、言い間違えでさえも、おもしろい。私を含めて観客はいちいちうなづきながら笑い続けました。   
まだまだ楽しませてくれ続けるでしょう。   
   
6:30開演で、9:00までたっぶり。満足して会場を出ると外はまた大雨で、やっぱり自転車は無理だったなと納得して帰りました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

サライ(小学館)

雑誌サライが今月号で落語特集を組んで、付録CDに圓生の高座を収録している、というのを「落語はろー」のブログページで知りました。   
Sarai

雑誌は発行ひと月は図書館での貸し出しをしません。CDの試聴ができる館も多くはないので、解禁になるのを待ちます。    
   
これまでもサライといえばたまに「落語入門」号を発行して、落語CDをつけてくれました。    
2007/2 金馬:やかん・小さん:長屋の花見・松鶴:ひとり酒盛り    
2007/12 小三治:千早振る・うどん屋、円窓:寿限無    
2008/6 小さん:時そば・粗忽長屋・狸賽    
2008/12 志ん生:鮑のし、文楽:厩火事、正蔵:火事息子    
2009/10 志ん朝:三枚起請 (ただし「俳句入門」号)   
このうち、太字の高座が未市販でした。    
   
図書館は保管期限を区切って2年から3年で雑誌をどんどん処分します。書庫にも限りがあるのでやむをえません。私は古いものは県立熊谷図書館で閲覧しました。ここはCDも試聴器がおいてあるのです。都立図書館にも創刊号から保存されているので、都道府県レベルなら他にもあるでしょう。   
   
今回の圓生「ちきり伊勢屋」は過去にアポロンからテープで発売されていたものだそうです。それは借りて聞いたことがありますが、きっとノーカット版でしょう。音質は確実に上回るでしょうね。さらにこれは、10月に発売の圓生CDブックの先駆けだそうです。そちらとは全く同じになると思います。   
   
で、とりあえず借りて聞いてみたい。東京都・埼玉県の地元の図書館で現物を視認すると”CD無し”の表示が!   
あわてて近隣を検索して、実際に足を運んで確認しました。そちらには付属するようでしたので、係の人に促されてその場で予約だけ入れました。解禁後でないと予約を受け付けないところもあるので、先んじたかとちょっぴり安心しました。   
でも予約が済んで、12番目であると知らされました。行動が遅かった。

一人が2週間借りられ、フルに借りないにしても、順番がまわってきてすぐに取りに行けないかもしれない。その取り置き期間も考えて、6か月くらい?と見積もりました。   
しかし帰宅してネットで予約を確認して胸をなでおろしました。一つの自治体で10冊近く購入してました。だから実質2番目とみなしていいでしょう。あまり待たずに済みそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

愛宕山をのぼりきって志ん朝を聞く

 同じ下町エリアでも、スカイツリーから東京湾に向かっては微妙に下がっているはずです。でも川や運河を越える橋は中央が盛り上がっていて、深川に向かって自転車をこいでも、結構上り下りがあります。1時間半かけて芝に着いたときは結構疲れ果てていました。

 NHK放送博物館まで、自転車で愛宕山をのぼるのも2度目で、今回は無理かなとも思いましたが、ギアを最軽にしてなんとか一気に漕ぎ切りました。

 12月も半ばですが、都内の紅葉はそれほど鮮やかではないものの、長く続いています。途中の日比谷公園も愛宕神社の境内も結構見ごたえがあります。
Hibiyaleaf  Atagoleaf

 神社駐車場では、ゲーム会社がブースを張っていました。エビ中とコラボしているそうで、ちかぢかイベントがあるそうです。エビ中も何度か授業のネタで使っていますが、男子中学生への浸透は予想より進みません。
 そのブースの裏手に、間垣平九郎の顔出し看板が追いやられていましたが、関西弁の女子がかわるがわる撮影をしていました。
Atagocolb

 昨日ここにきたのは、また「NHKの番組を見る会・落語特集」で、音源が発売されていない志ん朝の「火焔太鼓」をやるからです。小三治の「もぐら泥」もしゃべりだしをメモって、手持ち音源と比べなければ。

 なぜか、番組タイトル以前に志ん朝が登場して、「お父さんに愛を持ってください、今日は火焔太鼓です」というマクラともつかない映像があって、落語本編が始まりました。ちゃんと放映時に録画をしている、はろーさんの資料によると1987年の映像です。
 こういう音源も抱えこんでいないで、発売してくれないかなといつも思います。今日も連続で、同じ番組をやります。

 来月は、廃盤になっている柳橋先生がかかる予定ですので、また来るつもりです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

小三治会長退任

 ふと目覚めたら、夜中に、小三治が落語協会会長を退任するとの報に接しました。後任は、予想された向きもありましたが、市馬だそうで。

 このところいくつか衰えを指摘されることもあったので心配していましたが…。二期で退任。やはりなるのが遅かったようです。会長になったときは有終の美の花道を飾るためなのかと思ったこともありました。でも真打昇進に独自色を出したりと、意欲的でした。

 お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

年末年始の放送

 今回はあまりテレビにかじりついてなかったので、録画をセットした番組が大量に残っています。中にはそのまま消すものもあるでしょうが、ぼちぼち見始めています。

 暮れに、「東京上級デート」で谷中七福神めぐりを取り上げていて、先に見てればタイムリーでした。私と同じに、逆に田端からスタートしていました。大きく違うのは美女を連れて歩かなかったことです。あと番組ではルートを少し外れて羽二重団子に寄ってました。それは参考にしてもよかった。
Tvdate  Tvdate2

 落語番組は、ラジオ寄席の正蔵と助六の放送が無事に留守録できてました。まだ聞かずにとっておいてあります。
 テレビでは、「新春落語研究会」は単なる再放送でした。珍しく地元で放送された、「浅草お茶の間寄席」は、菊之丞・ナイツ・桃太郎でした。客席の客の数と芸が比例しているなと妙に感心しました。
 NHKの寄席中継「初笑い東西寄席」では、演芸ホールでおそらく出番を変更して、小三治「初天神」を9分ちょやいでやりました。さすがに噺をだんだんと盛り上げていく時間はありません。いきなり凧揚げのくだり。初席はしかたないですね。ただし、この時間帯だけ、新幹線復旧のL字情報が画面に出続けたのは、残念でした。いちおう保存用で録画したのに。
Tvkosanji
 この番組、谷中七福神めぐりをしている最中の録画だったのですが、御朱印を待ってならんでいるとき、火事で山手線・新幹線が止まって困ったという話をしている人がいたのを思い出しました。
 もひとつのテレビ東京の「新春!お笑い名人寄席」はチェックすら間に合ってません。

 「タイムスクープハンター」は大正と江戸を行き来して、関東風の鰻のかば焼きが生まれるエピソードでした。鰻は時期のものではありませんが、その中で、江戸中期の長屋の正月膳が再現されてました。大正に戻った時に、古橋ミナミと落ち合うところで、「ごちそうさん」のめ以子と人違いをする遊びもおもしろかったですが、鰻屋と対立する不良旗本が、協力をしてくれるまでになるシーンでは感動してしまいました。
Tvosechi1 Tvmeiko  Tvtscoop

 こうやってPCに録画をためるとDTCP-IPの機能に不調をきたすのですが、今回は調子が良い。ぬくぬくコタツ作業で、自室の録画を消化できそうです。
 前回、その不調で消してしまった「孤独のグルメ」のCM抜き編集と確認だけは完了しました。

 画像キャプチャはコタツノートPCではできないので、あとで貼り付けることになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

小三治(オフィスシマ)

 圓生が好き、といっても「高瀬舟」などの朗読作品はまだ耳にしていませんし、志ん朝が好きといっても「鬼平犯科帳」を録画したりしません。やっぱり落語がいいです。

 知る人ぞ知る、ドキュメンタリー映画「小三治」。2009年に上演されたとき、わざわざスクリーンでなくてもいいやと思って見に行く気はありませんでした。それがDVDになって図書館の書棚に並んだとなると別です。先日の記事の「仕事の流儀」もそうですが、間違いなく高座の一部は見られるわけだし。
 小三治の高座のDVDは落語研究会でずっと以前出たっきりでした。CDもSONYとキングなどから30枚ほど。
 映画の中でも語っていますが、記録を残すのが好きじゃない。理由は「まだ変わる」のだから。でも「変わる」が噺が減るということであるなら、古いものもどしどし出してもらいたいものです。
 去年になって落語研究会DVD(上)が出て、ということは(下)も出るわけです。小三治一門会のインタビューでは(中)も、とジョークを飛ばしてました。このように多くの人を楽しませる・役に立つことができる人は、応じた対価を得てほしいです。

Moviekosanji

 人間・小三治を対象としているので落語以外の部分がNHKのものより多いです。趣味や歌のコンサート、親友・扇橋と温泉、スキーなどのシーンもありますが、そういうのは飛ばして高座の部分を楽しみました。
 もう一般の販売店では扱っていないようですが、制作サイトでは通販を受け付けています。

 図書館では北区に初めに入りました。当時は予約が集まった記憶がありますが、現在落ち着いたようです。次に武蔵野市が収蔵しました。久々に検索すると江戸川区・豊島区に入っています。豊島区では15人待ちになってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

小三治・プロフェッショナル仕事の流儀(NHK)

 ドキュメンタリーですが、部分的にいくつもの高座が垣間見ることのできるDVDです。以前に放送は録画して持っていたのですが、うちはアナログTVの時代だったのでフルサイズでみたいな、と思って探しました。NHKのドキュメンタリーは結構な数の図書館に入っているのですが、この小三治の回は下の数点しか見つかりませんでした。

 台東区・豊島区・港区・あきる野市、埼玉県立・さいたま市、匝瑳市

Prokosanji

 内容は、小さんに「面白くない」と否定されたことをバネに、落語の面白さを追求して自然体に行きついた。そして持病を抱えながら、夏の池袋演芸場の定演に臨むというものです。

 MCの脳科学者・茂木さんはほとんど落語の事情を知らないと見えて、蕎麦喰いの仕草を見せてくれだの、隠居や若旦那の演じ分けをやってくれだの、見ていてあまり気分の良くない番組でした。
 小三治が、(年のせいか)以前できていた噺がだんだんできなくなって、どうしたらよいかと聞いているのに、脳科学者が答えをはぐらかしたのが残念でした。
 「練習しなさい」(しか答えはないと思いますが)、とでも言ってくれ、誰だって衰えるのですから、あの小三治が補うべくもっと練習すれば(それはそれで常人を超えた努力になるでしょうけど)、寄席や落語会でもっともっと多彩な噺を聞くことができたんじゃないかと、放送の時に歯噛みをしながら見てました。
 少なくとも噺が減らないで済めば…。今の演目はどうも決まったものになっている気がしますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

老ぃ

 ネットでも話題に上がっていますが、NHK日本の話芸での小三治にハッとしました。明らかに、間をとっているのではなく、言葉が出てこない様子があるのです。あれだけ言葉の引き出しのある人が、と。
 噺は「甲府ぃ」で、好みはわかれるでしょうが、私は好きな噺です。災難にあった若者が幸福になるプロセスに無理がない。同じように商人の娘に見初められるのでも、現代と恋愛観が違うとはいえ、「おかめ団子」だといきなりすぎて幸せがとってつけたように感じます。

 ストーリーはオチのためにあるだけで一本調子で進むわけですが、数ある地口落ちの中でこのサゲは秀逸な駄洒落だと思うのです。

 唯一、昭和の名人たちの衣鉢を継ぐと思える人だけに、73歳という年齢とはいえその兆しを見てしまうと、胸を突かれます。

 数年前にNHK”プロフェッショナル仕事の流儀”で、脳科学者の茂木さんに「昔出し物にしていた話が今思い出せない、どうしたら」と打ち明ける場面がありました。これはリップサービスで小三治自身が知らないわけないと思うのですが、茂木さんは答えをはぐらかしてました。方法は一つだけで圓生のように、「タクシーに乗り込んだらすぐ稽古を始める、旅先の宿で寝付かれないから一晩中稽古を…」しかないはずです。

 教えている子供たちに趣味は落語、というと古い人の趣味だというように受け止められます。確かに若い時の輝きと違うものを高齢の名人に見ることができます。

 その日その日で体調が異なり、毎日が絶好調ではないでしょう、また切れのいい高座を見ることができると信じて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

落語研究会DVD

 野球に決着がついて、日曜は無事にTBSラジオ寄席が放送されました。金馬の冒頭を聞く限りでは市販音源でした。一応PCの回復を待って、チェックはするつもりです。
 金馬は寄席から締め出されても、ラジオで絶大な人気を誇ったそうです。今聞いても歯切れの良い、耳に心地よいリズムで伝わります。姿が見えないことからタブーとされていた声色の使い分けも取り入れたともいわれ、アンツルさんなどの批評家からは下に見られたとも。

 確かに落語は動作も大きくなく、今のテレビから締め出される状態もやむ得ない面もありますが、たまにはきれいな映像で見たい時もあります。
 すでにビデオは劣化が激しいことがわかっていますから、同じ映像であっても、ここは竹書房・小学館からでているTBS落語研究会DVDで見たいところです。なによりビデオ時代より大量の高座が収められているのがすばらしい。
 さすがに国会図書館にはすべて納本されています。圓生・志ん朝・正蔵・小三治・馬生と今年出たばかりの小さん、ききませんが圓楽・文枝・吉朝すべてです。しかし国会図書館に出かけてこれをすべて見るのは容易ではありません。
 しかし自治体図書館に目をやると、今のところ唯一渋谷区が志ん朝のセットを保有しています。しめたと一瞬思ったのですが、禁帯出のしるしが。貸し出しはなしで、館内の閲覧だけに限られます。やはり見るために通うには無理がありますね、落胆しました。

 図書館でも映画などのビデオは貸し出しをするようになっているのですが、渋谷区は禁止にしているようです。

 ビデオを持っている図書館が、劣化を認識してDVDに切り替えてくれるといいのですが。でもほんとに貸し出したらどれくらいの待ち人数になるのか、恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

小三治独演会

 今月はささやかな散財の月と決めてあるので、といっても前売り券は何か月か前に買ってあるわけですが、北とぴあの小三治独演会に行ってきました。独演会は初めてです。

 一日フリーにしておいたので、昼過ぎには王子に着きました。北とぴあは17階に展望室があり、まずそこに上がりました。北区ですからさえぎる物なく荒川方面が開けます。スカイツリーはうっすら雨雲の中に消えていました。天気が良ければ荒川線沿いに散策をして図書館に寄ろうかと目論んでいましたが、傘をさして歩き回るのもなんなので、Kバスで北区中央図書館に行きました。
 そこで調べ物を済ませ、落語関係の書籍に目を通すと雨も小やみになりました。歩いて北とぴあに戻って、開演を待ちます。

 ネタ出しをしてあったのか知りませんでした。こみちの「辰巳の辻占」で幕が開きました。すこし眠たくなりました。つづいてあらわれた小三治は、北海道で雪が降ったという話から、日本の四季、陰と陽、ご宗旨とすすんで、「小言念仏」に。軽く済ませました。

 幕が再び開くと、政治家と落語家の二世、若旦那と話題がすすみ、「船徳」でした。50分近く、最後に汗をぬぐう熱演でした。足を運んだ甲斐があるというものです。

 オッと思ったのは、勘当されると出入りの船宿に厄介になるというところで、船宿の説明が入ったことです。軽く飲んだり、他から仕出しをとったり、あるいは舟で出かけたりというくだりが入ります。たまたま手元に持ってきた「柳家小三治の落語1」(小学館文庫)を開きました。そういう解説はありません。

 それというのも、おとといの「モヤさま~深川~」で、江戸資料館に入ったさまぁずが、船宿の原寸大再現模型のまえで二人とも「ふねやど」と読み、「船に乗りたくて泊るところ」といったのです。芸人さんですからネタだったのかもしれませんが、直前のそんな記憶があったので、気になったのでした。

Hokutopia

 しかし1300人のホールが満席になるのですから。館内で配っている7月の独演会はすでにチケット完売!


| | コメント (2) | トラックバック (0)